1. HOME
  2. 会社案内
  3. ハンズの取り組み

COMPANY

会社案内

ハンズの取り組み

ハンズが安心安全な理由

ハンズで働くすべての人が
安心して働けるしくみ作り

(株)ハンズでは、ハンズで働くすべての人が安全に、そして安心して長く働けるような仕組みを作っています。

徹底した新人研修制度で
未経験者大歓迎!
初心者でも1から優しく教えます

揚重の仕事の現場は、建設中のオフィスビルや大型のマンションが多いので、工事中の現場にはたくさんの業者の方が出入りして、それぞれの作業をしています。

そのため、周りの状況を瞬時に判断して、作業を進める必要があります。

ハンズでは、未経験の方でも揚重の仕事ができるように、研修所で座学による必要な知識と、資材の運び方のコツを専門の講師から学んでいただき、合計4日間の新人研修を行います。

新人研修1日目

未経験の方がどのように安全教育を受けているのか見ていきましょう。

新人研修の第1日目は、神奈川県相模原市の相模大野にある、ハンズ研修センターで朝9時~16時のスケジュールで行われます。

現場作業の基本動作とルール、安全な作業方法、各種資材の名称などを学びます。

座学:会社のルール、現場での危険予知


新人研修の第1日目の午前中は、『新人教育マニュアル』による座学です。
『新人教育マニュアル』では、ハンズの「会社のルール」や「現場の危険予知」を分かりやすく豊富な写真な事例などで説明しています。

実技:資材の持ち方、運び方、置き方

午前中の座学が終わり、昼食と休憩を挟んで午後からは、実技の時間です。
実技編では、
・石膏ボードの持ち方と置き方
・軽量鉄骨の担ぎ方と置き方
・台車の使い方
を講師から教わり、実際に石膏ボードや軽量鉄骨を使って実践してみます。

石膏ボードの持ち方と置き方

石膏ボードは住居部の天井や壁などに使われる資材で、数ある建築資材の中でもサイズも大きいことから、取り回しが難しいので、実技編では、まず、石膏ボードの持ち方、運び方、置き方を教わります。

まずは講師のスタッフから注意事項などの諸注意と持ち上げ方のアドバイスを受けます。

最初は2枚を持ち上げ、少し離れた置き場まで移動。

石膏ボードは破損しやすい資材ですので、置き方にもコツがあります。

石膏ボードを置いたら、職人さんが取りやすようにエッジを揃えます。

軽量鉄骨(LGS)の持ち方と置き方

軽量鉄骨(LGS)住居部の壁を作るときの骨組みとなる資材で、長さもあることから、石膏ボード同様、運ぶときは周りの人やモノとの接触などがないように、慎重さが求められます。

講師のスタッフから軽量鉄骨(LGS)の取り扱いの注意事項や持ち方のコツをレクチャーして
もらいます。

軽量鉄骨(LGS)を胸に抱えるようにして、手の位置を変えてから肩に担ぎます。

その後は、コツを掴むまで何度も練習をしながら、講師からアドバイスをもらいます。

台車の取り扱い

台車は石膏ボードなどをフォークリフトから工事用エレベーターに乗せる時に使われます。

フォークリフトが運んできた石膏ボードの山を2つの台車に乗せる作業です。実際の現場ではベテランが担当する仕事ですが、新人研修では一応やり方を覚えてもらいます。

その後、台車に積まれた石膏ボードの山を2人1組で押して移動させます。

新人研修2日目〜4日目

研修所での初日研修が終了すると、残り4日間は実際の建築現場での研修になります。

この研修では、現場での危険作業、危険ポイント、資材搬入のルール、基本動作、各種工事の基本作業を実際に作業しながら学んでいきます。

もちろん、新人さんには無理をさせずに安全に運べるよう、必ず現場のリーダーがスタッフに声を掛けながら見守っています。

こうして、ハンズの揚重の仕事は、一度も建築関係の仕事をしたことのない未経験者のスタッフでも徐々にコツをつかんで運べるようになり、現場の状況に応じて動ける揚重のエキスパートに成長することが可能になるのです。

新人研修2日目〜4日目までの1日の流れをみていきましょう。

入 場

朝、建設現場に入場して、ハンズの控え室に集合します。
そこでハンズのユニフォームに着替え、ヘルメット、手袋、安全靴、安全帯を身に付けます。

朝礼参加

朝のミーティング、職長から危険箇所や立入禁止場所、1日の作業の流れなどの説明を受けます。
『今日も安全作業でいきましょう』『ご安全に!』

見 学

まずは先輩の動きを見学します。ここでは、初日の研修では登場しなかった、建築資材を目にすることになりますが、持ち方、周囲への注意、置き方など、見て学びます。

軽作業

現場で慣れるために、最初は無理をせずに軽めの作業を行います。少しづつ慣れていけるので精神的・肉体的にも余裕で安心ですね。

研修中は職長(チームリーダー)があなたの動きを見守りながら、その都度アドバイスをしてくれます。
無理をせず、安心して徐々に慣れていってください。

ハンズの応募要項を確認してみる

まだまだこんなにある
ハンズが安心安全な理由

ハンズでは徹底した安全への取り組みをしています。安全への取り組みをリストアップすると、
・朝礼での安全確認と情報の共有
・搬入担当者がお客様の安全協議会へ積極的に参加し、安全への知識を高める
・安全への知識と技術を現場スタッフへ浸透させるために月1回の安全衛生協議会の開催
・定期現場パトロールの実施
・社内RSTトレーナーによる職長安全衛生教育
・年1回の安全大会を開催と安全表彰(優秀者には景品などの授与)
など、
社員一丸となり、現場での連続無災害時間の記録更新にチャレンジしています。

万が一のケガには
労災保険が適用されます

私たちハンズは、働くスタッフが安心して働けるように、安全教育に取り組んでいますが、万が一現場でケガをした場合は、労災保険が適用されます。

ハンズの応募要項を確認してみる