1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 2023年、チャレンジするなら、やっぱり『軽作業・資材搬入・荷揚げ・揚重』の仕事がオススメ?

BLOG

ブログ

建築事業部

2023年、チャレンジするなら、やっぱり『軽作業・資材搬入・荷揚げ・揚重』の仕事がオススメ?

今回の記事では、この新年、私たちHands(ハンズ)『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事に興味を持った皆さんのために「2023年、チャレンジするなら、やっぱり『軽作業・資材搬入・荷揚げ・揚重』の仕事がオススメ?」と題して、おすすめの理由やメリットなど、詳しく解説していきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

■多くの人が『揚重のエキスパート』を目指せる「研修制度」がスゴい!

 

 

まず、私たちHands(ハンズ)の仕事をオススメする理由として、最も「ウリとなる部分」、すなわちHands(ハンズ)「研修制度」に関するお話からスタートしていきましょう。

 

私たちHands(ハンズ)の仕事を始める際に、ほとんどの方が「新人研修」からそのキャリアをスタートするわけですが、そもそもHands(ハンズ)では「ハンズで働くすべての人が安全に、そして安心して働けるような仕組みづくり」に力を入れています。

もちろんその範囲は「新人研修においても同様」であり、むしろ「安全な仕事」を実現する上では、どれだけ「新人研修」の場で「業務に必要な知識や技術を身に着けられるか?」という点に集約されているのです。

これまでも当ブログの過去回でご紹介してきた「数字」ですが、これまでHands(ハンズ)の仕事で「新人研修のみで辞めてしまった人」の割合は、実の所、約「5人/5,000人」しか居ないのです。

この数字は、パーセンテージで言うと「わずか0.1%」という「とてつもないもの」なのですが、別の面から見るならば「およそ99.9%」の人たちは、新人研修を経た段階で「この仕事の『安全性』に対して、そこで辞めるほどの疑問が湧かなかった」という見方もできます。

つまり、それだけ多くの人が「新人研修に対して真剣に取り組み、業務に必要な知識や技術を身に着けている」という証明にもなりますし、さらに言うなら「新人研修の内容が多くの人に浸透するほど、わかりやすく丁寧なものであった」ことの証拠にもなっている、と考えられるでしょう。

 

■今後の「建設業界」や『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』事業の「将来性」がスゴい!

 

 

 

続いてご紹介する「Hands(ハンズ)の仕事をオススメする理由」は、ズバリ「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』や『建設業界』の仕事には、将来性がある」という点です。

 

この点についても、当ブログ過去記事にて詳細にご紹介しているのですが、ここに来て「今後の業界における将来性に関し、さらなる好材料が提唱」されているのだそうです。

その「好材料」とは、今後の「建設業界」においては「バブル期に建設された建物の修繕工事や、建て直し工事の依頼が増えていく可能性が高い」というものなのですが、どちらの工事も「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』のニーズがある」ものばかりであるため、今後「より多くの仕事量が期待」されています。

 

全体的な仕事量が増えていけば、必然として「業界全体が盛り上がる」ことも期待できますし、より多くの人が仕事を求めて、私たちHands(ハンズ)をはじめとした『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事を目指して、新規参入してくることも考えられます。

「この仕事の将来性」について、さらに詳しい解説が必要な方や、興味を持った方は、ぜひ下のリンクから該当の過去回をご覧になってみてください。

→当ブログ過去回はこちらから

 

ただ、私たちのような『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入業界人』、並びに「建設業界人」にとって「将来性が高いといえる根拠」は、この他にも数多くあり、前述した「バブル期の建物における修繕工事・建て替え工事」は、あくまで「一因」に過ぎません。

別に隠すわけではありませんが、おそらく皆さんも『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入業界人』として「スタートを迎える頃」には、その他の「将来性が高いと考えられる要因」を自然と感じ取れるようになっていると考えられますので、ここではあえて「表立って触れないで」おきましょう。

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:「短期間で稼げるようになる仕事」の「カラクリ」とは?

 

では、今回のオマケは、今回のテーマとも関連性の深い「短期間で稼げる、または稼げるようになる、と言われている仕事のカラクリ」について、いくつか考察や解説をしていきましょう。

 

まずは「短期間で稼げる、または稼げるようになる、と言われている仕事」を、それぞれ箇条書きでご紹介していくと、以下のようになります。

・商品サンプルを街頭で配る「サンプリングスタッフ」

・入れ替わりが激しく新人募集が多い「期間工」

・厳しい労働条件が多くても高収入な「交通警備スタッフ」

・コンサートやイベントなどで活躍する「イベント設営スタッフ」

 

お仕事やアルバイトなどの情報・状況に詳しい方にとっては、どれもよく見かける仕事ばかりですが、このそれぞれに短期間で稼げる、または稼げるようになる、と言われている理由も、当然ながら存在しています。

ただし、ここに挙げたものだけでなく、多くの短期間で稼げる、または稼げるようになる、と言われている仕事」は、そのほとんどが「限定された期間であり、長く続けることが難しい」ものであったり「時間的な制約が厳しく、新人との入れ替わりが激しいため、安定して稼げるようになる頃には、新人に取って代わられる」ものであったりするようです。

当然、私たちHands(ハンズ)『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事のように「稼げるようになって以降も、数年~十数年レベルで仕事を続けられる」ような「安定感」には乏しく、腰を据えて長期間を賄えるような仕事にはなり得ない、と考えられます。

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

■その勢いは「全国区」へ!業務範囲の拡大など、今後も成長を続ける「会社(=Hands(ハンズ)のこと)」がスゴい!

 

 

さて、当記事最後となるこちらのセクションでは、若干、手前味噌な部分はあるものの「Hands(ハンズ)という会社の成長力や将来性」について解説していきましょう。

 

私たちHands(ハンズ)にとって、昨年2022年は、ある意味「大きな飛躍のきっかけとなる年」だったと言えるのですが、その一因として「東京証券取引所『TOKYO PRO Market』への上場」があったことを欠かすことはできないでしょう。

この上場により「企業としての知名度や信用度が高まったこと」「上場準備のために社内管理体制の整備・強化を行ったこと」など、さまざまな良い影響が、そのままHands(ハンズ)にもたらされ、上場2年目を迎えた2023年もさらなる発展が期待されています。

 

そして、これら良い影響のひとつとして、私たちHands(ハンズ)では、今後「全国的に事業規模を拡大していく」ことを予定しており、当然「全国規模で優秀な人材の確保や、スタッフの採用活動」を積極的に行うことも視野に入れています。

このように、今後も「全国的な成長を続けつつ、より多くの人が、安全に、安心して『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事を続けられる会社」を目指して頑張っていこうと考えています。

 

まとめ:2023年も『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』をリードする!「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

今回は、この2023年に、新しい仕事を始めるなら、私たちHands(ハンズ)『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事がオススメ!というお話についてお送りしましたが、いかがでしたか?

この新しい年を最高のものにしたい!と考えている方へオススメ、株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

 

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事