1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. たくさん持てれば良いわけじゃない!『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』仕事の「真実」とは?

BLOG

ブログ

建築事業部

たくさん持てれば良いわけじゃない!『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』仕事の「真実」とは?

今回の記事では『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』仕事にまつわる「噂話」「迷信・都市伝説」のようなお話の「真実」について「たくさん持てれば良いわけじゃない!『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』仕事の『真実』とは?」と題して、詳しく解説していきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

■「一度にたくさん持てる人」が優れている訳じゃない!

 

 

さっそく、この『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事に対して、最も「的はずれなイメージ」と言っても過言じゃない「一度にたくさん持てる人が優れている」といお話の「真実」について解説していきましょう。

 

まず、断言しておきたいのは「一度にたくさん持つパワー(瞬発力)があるよりも、程々の量を何度も繰り返して運べるパワー(筋持久力)が多い方が、この仕事では重宝される」という事実です。

正直な所、『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事で重要になる「パワー」は、陸上の100m短距離走や、走り幅跳びのような「一瞬に全精力をかけるもの」とは「全く異なるもの」であり、実際の現場で日夜「揉まれている人」の体つきを見てみると、意外にも多くの人が「細マッチョ」な体型をしています。

 

以下には、『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事において「あると便利なスキル・力」についてまとめましたので、まずはご覧になってみてください。

・上腕(肘から手にかけての部位)や指先の「保持力」(キープする力)

・普段よりも重い体重を支えて歩く「足の力」

・一瞬で「運搬物の下に体を差し込める瞬発力とコツ」

・運搬物の落下を防ぎ、安全には欠かせない「安定感のある動き」

・多くの現場や運搬をこなせる「スタミナ」

・わずかな休憩でも握力や筋力が戻る「回復力」

これらは、私たちHands(ハンズ)「現場での経験」から導き出されたものですが、ここには一つも「人よりも重いものを持ち上げられるパワー」という記述はありませんよね?

 

加えて、現在Hands(ハンズ)で活躍しているスタッフさんの中には、まるで「某世紀末バトル系漫画のキャラクター」のような「奥義を撃てそうなゴリゴリのマッチョ体型」の方など、まず見かけません。

もちろん「筋力」があればあるで、仕事にはある程度役立つでしょうが、それよりも「業務に必要とされる力やスキル」を持っている人材の方が貢献度も高いでしょうし、より「一般的な存在」でしょう。

そんな「一般的な人」ですら、長く活躍できるのが、この『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事の面白い部分であり「特徴のひとつ」なのです。

 

■『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』は「とにかくハード?」

 

 

では、続いての「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』仕事に対する的はずれなイメージ」のご紹介です。

こちらは『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』に限った話ではなく「建設業界」においても蔓延(まんえん)しているものとなりますが、これらの仕事は、多くの人たちから「とにかくハードな仕事」として認識されていたりもします。

このイメージに関しては、今までも多くの「当ブログ過去回」においてご紹介してきていますが、こちらも「なかなか払拭するのが難しいイメージ」のひとつ、だと言えますね。

 

その理由になっている部分をいくつか抜き出してみましょう。

・常に屋外の厳しい環境にさらされている

・やたらと厳しい先輩がいる、と思われている

・運搬するものが、すべて「重そうなもの」ばかり

・朝が早く、出勤するのにも一苦労する

・高給であるため「その反面キツい仕事」という先入観が消えない

こればかりは、どうしても「個人の価値観や先入観」が由来のイメージであるため、実際の現場で働いたことのない方には理解しづらい部分がありますね。

 

ただ、実際の所をまとめてみると、

・『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事は、屋内の環境も多い

・安全な環境を重視するため、指示などは大きな声でする必要がある

・全てではないが、基本的に運搬物は「コツで持ち上げている」ため、それほど重くは感じない

・実際、朝は早いが、その分帰宅も早くなる(たとえ残業があっても)

・確かに高給ではあるが、体力的に厳しい時間帯の仕事や、著しく長時間に渡って働くことは非常に少ない

このように「本当の所はちょっと違う」というポイントが多いため、一概に「とにかくハードな仕事」とは言えない面もあるのです。

 

この部分に関しては、私たちHands(ハンズ)の実情を広く知っていただくためにも、興味を持った方は、ぜひ当ブログの過去回をご覧になってみてください。 

→当ブログ過去回はこちらから

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:実はこんなに実情は違う?『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』仕事の7不思議とは?

 

では、今回のオマケは、今回のテーマとも関連がありそうな『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』仕事の7不思議」ともいえる「業界あるある」について注目していきましょう。

 

さっそく、その「7不思議」を箇条書きでご紹介していきましょう。

・キツそうな仕事という印象を持っていたが、慣れてくると「それまでのイメージが嘘だったかのように」ラクに感じるようになる

・仕事に就いて、痩せるかと思っていたが、なぜか(筋肉が鍛えられたせいか)体重が増える傾向にある

・慣れてくると「それまでが嘘だったかのように」朝に強くなる

・やたらと「仕事後の一杯」が美味く感じるようになる

・「仕事の面白さ」がわかってくると、いつのまにか「お金」が貯まっている

・「休日は疲労困憊で…」という、採用前のイメージに反し、体力がついたせいで「休日には元気が有り余ってしまう」

・仕事に慣れてくると、なぜか「モテる」ようになる

特に最後の項目は「本当にそうなの?」という意見も多いでしょうが、ちゃんと「根拠」もある話なのです。

 

ただ、ミステリアスな「7不思議」ということもありますので、この場でその審議や根拠をくまなく解説する、などという野暮なマネは、やめておきましょう。

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

■本当に未経験からでも『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事ができる?

 

 

さて、当記事最後となるこちらのセクションでは、今回のテーマである「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』仕事の『真実』」において、最も気になる部分である「未経験から『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事ができるのか?」について解説していきましょう。

 

まず結論から。

もちろん「100%」ではありませんが「未経験からでもできる」可能性は「非常に高いもの」になっている、と言えるでしょう。

そして、この説の根拠となるのが、これもまた私たちHands(ハンズ)によってことあるごとにお話してきた「ふたつの数字」の存在です。

 

ひとつめは「およそ60%の人が『他の業界から未経験でスタート』している」という点でしょう。

実に半数以上の人が「未経験者」なのですが、しかもこの数字は「建設業界における未経験者」であるため、単純にHands(ハンズ)と同じ『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』にまで絞っていくと、さらに「未経験者」の割合は高くなってきます。

そして、もうひとつの数字が、これまたおなじみの「新人研修だけで辞める人の割合は、わずか『0.1%』しかいない」というものです。

いくつも言葉を重ねるよりも、この「ふたつの数字」だけで、立派に未経験からでも『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事ができる」ことの証明になると思います。

 

まとめ:「長く働きやすく稼げる仕事」環境づくりにも力を入れている「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

今回は、私たちHands(ハンズ)『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』仕事における「迷信・都市伝説」的なお話の真偽についてお送りしました。

そんな、意外な真実も多かった株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事