1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』が「稼げる仕事」ってホント?

BLOG

ブログ

建築事業部

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』が「稼げる仕事」ってホント?

今回の記事では、近年「稼げる仕事」という評判も多くなってきた『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』「ホントの所はどうなのか?」に関するお話を「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』が『稼げる仕事』ってホント?」と題して、詳しく解説していきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

■人によって認識が異なる?「稼げる仕事の定義」とは?

 

 

さっそく、万人におすすめできる対象として『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』が、どれぐらい「稼げる仕事なのか?」というお話をする前に、人によってその意味が異なる場合もある「稼げる仕事」について知るところからはじめましょう。

 

あなたの「稼げる仕事」に対しての「イメージ・先入観」はどんなものでしょうか?

それを思い浮かべやすくするために、まずは「一般的な『稼げる仕事』のイメージ」をまとめてみました。

・シンプルに「時給・月収」が高い

・労働時間は短いものの「割が良い」と感じられる

・仕事内容が、肉体的にも精神的にも「軽度」であり、長く続けられる

・逆に、労働内容はハードであるものの、高い日給が支払われる

・給料の他に多くの手当や褒賞金・インセンティブなどが付く

・職場が、昇給や出世しやすい環境・企業である

こうして見ると、シンプルにわかりやすい「給料が良い」というポイントの他にも「労働条件や業務時間等とのバランスが良い仕事」の場合も「稼げる仕事」として、多くの人たちから認識されているようです。

 

ただ、このようなイメージの中でも「内容がラクで、勤務時間も短く、給料も高い」というような、身もフタもない「夢のような仕事」について触れている人が少ない、ということは、多くの人が意識的に「ラクして稼げる仕事などなく、むしろ手間暇がかかる割には給料が低い仕事ばかり」という風に感じている、とも取れる内容になっています。

単に「キツい内容で高給」となる仕事は、現代の若者を始めとする「今の世代」にとって「コスパの悪い仕事」と感じられるのでしょうが、これはあくまで「価値観の違い」であり、世代や個人によっても異なるイメージですので、仮に雇う側である「雇用主・企業」のイメージと異なっていたとしても、誰が悪い、というわけではありません。

 

■『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』は「ハードなイメージのある仕事」?

 

 

 

では、急に話を本線に引き戻しますが、若い世代が好む「コスパの良い仕事」として、我らが『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』「建設業界」の仕事は、広く受け入れられるのでしょうか?

実際の所をズバリお話すると、この『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』「建設業界」の仕事は、多くの人たちから「内容や労働条件がハードなイメージのある仕事」として認識されていると思われます。

その理由ですが、簡単にまとめてみましたので以下をご覧ください。

・体を酷使し、パワーを求められる(あくまでイメージではあるが)

・厳しい先輩が居たり、ミスすると怒鳴るような上司がいると思われている

・コミュニケーションに長けた「気さくな人物」が多いと思われている

・日々の労働で疲労・疲弊してしまい、休日などプライベートの時間にまで影響が出る

・多くの所で「建設業界に対する将来的な不安」を見たり聞いたりしており、正直不安感がある

 

こうして見ると、私たちHands(ハンズ)が当ブログなどでお話してきている「実情」とは異なっている、と悲しい気持ちにもなってきますが、冷静になって考えると、その「実情」「世間に対して正しく伝わっていない」からこそ生じる「ギャップ」が、現在のイメージを育んでしまった、と考えることもできますね。

そのような「ギャップ」を埋めるためにも、私たちHands(ハンズ)の実情を広く知っていただくためにも、興味を持った方は、ぜひ当ブログの過去回をご覧になってみてください。 

→当ブログ過去回はこちらから

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:カン違い?「ラクして稼ぐ」は信用するな?

  

では、今回のオマケは、今回のテーマ「稼げる仕事」のひとつであり、半ば「都市伝説」の扱いを受けることもある「ラクして稼ぐ」という言葉について注目していきましょう。

前述のように「稼げる仕事とはどんなものか?」について、丁寧に分析したり、考えを巡らせた経験のある方であれば、この「ラクして稼ぐ」という言葉が「信頼」に値するものではない、ということを、すでに知っていることでしょう。

 

その言葉を立証するために、私たち「建設業界」とも縁が深い「不動産業界」でよく聞かれる「不労所得」という言葉を引き合いに出してみましょう。

パッと見「労働なしに所得を得られる」というイメージの言葉でありますが、仕事における収入というものは、すべて「提供した労働やサービスに対する対価」であり、「不労所得」の代表格である「賃貸物件経営」においても、実際は「労働なし」ということはあり得ません。

むしろ、入居者の管理業務や、建物の修繕など「不動産管理会社」に委託しているケースであっても、同様に「何らかの業務・労務」が発生しますし、コストだってバカになりません。

 

一時期話題になった「ベーシックインカム」ならば別ですが、どんな職種や、事業であっても「お金を稼ぐためには労働が不可欠」になるのですから、「ラクして稼ぐ」の表面上の意味にとらわれて「結果的にもっと面倒な状況」に陥るよりも「時間効率が良く、高収入が期待できる仕事」を見つけたり、その業界でより活躍するために尽力する方が、よっぽど「コスパが良い」と言える気がしませんか?

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

■しっかり稼ぎたい!長く稼ぎたい!ならやっぱり「建設業界」!

 

 

さて、当記事最後となるこちらのセクションでは、今回のテーマ「稼げる仕事」において、私たちHands(ハンズ)の属する「建設業界」『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事が優れているポイントをいくつかご紹介していきましょう。

 

この仕事の特徴としては、やはり「しっかり稼げる高収入と、長く働ける環境の良さ」が挙げられます。

ここで言う「高収入」という言葉の意味ですが、同じ「未経験から始められる、1日8時間労働」で考えると「建設業界」『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事の場合、おそらく「最高水準にある」と考えられます。

要は「同じ8時間働く仕事なら、この仕事が一番効率(コスパ)が良い」ということにつながるのです。

昨今問題視されている「働き過ぎ・働かせ過ぎ」という部分においても、体を動かす仕事であり、一歩間違えば事故につながるような環境の中で「安全」を義務付けられている「建設業界」の場合、終電まで働かされることはまずあり得ませんし、仮にあったとしても「非常に効率が悪くなる」はずです。

 

そして、私たちHands(ハンズ)『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の場合、特に力を入れている部分は「未経験からであっても、長く、安心して働ける環境づくり」であり、会社としての実績もさることながら「新人研修だけで辞める確率はたった0.1%」「スタッフの90%以上が業界未経験で活躍中」という驚異的な数字も残しています。

「いろいろ悩むより、このタイミングで始めてしまった方がいい」

そう言えるだけの仕事や条件を、Hands(ハンズ)「建設業界」は用意して、皆さんをお待ちしています。

 

まとめ:「長く働きやすく稼げる仕事」環境づくりにも力を入れている「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

今回は、私たちHands(ハンズ)が手掛ける『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』が本当に「稼げる仕事」なのか?に関するお話をお送りしました。

稼げる仕事が多い「建設業界」の中でも群を抜いて「稼ぎやすい環境」が整っている株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事