1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. すぐそこまで来ている「2023年」!どうなる?『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』

BLOG

ブログ

建築事業部

すぐそこまで来ている「2023年」!どうなる?『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』

さて、今回の記事では、年の瀬になると必ず!というような「恒例行事」として、私たちHands(ハンズ)が属する「建設業界」や、手掛けている『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業界「2023年の動向」についてのお話を「すぐそこまで来ている『2023年』!どうなる?『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』」と題して、詳しく解説していきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

■現在、想定されている「2023年の建設業界」とは?

 

 

まず最初は、私たちHands(ハンズ)が属する「建設業界における2023年の動向」を、これまでご紹介した過去の記事内容や、現在ある情報などから一緒に考察していきましょう。

 

実は、あくまで「2023年に限る」などの「短期的なスパン」の場合、我らが「建設業界」には、まるで「メリット・デメリット」のような「明るい材料と暗い材料が相反して並ぶ状態」になっている、と考えられるのです。

まずは、それらの材料をおなじみの箇条書きで並べてみましょう。

【2023年の建設業界における明るい材料】

・バブル期に建てられた「大型マンション」の修繕工事需要が増える

(ただし、そのピークは「2025年以降」とも言われている)

・「新型コロナ感染症による社会的影響」は、今後さらに鳴りを潜めていく可能性が高い

・都市部を中心に「不動産業界の好調」が続いており、コンスタントに「仕事が供給される」状況が継続することも考えられる

 

続いて、あまり直面したくはないですが「暗い材料」に関しても見ていきましょう。

【2023年の建設業界における暗い材料】

・世界的な「緊張」が高まることにより「既存の社会状況を激変させるような出来事が起こる可能性」も高まり続けている

・その一環で「国内だけでなく海外をも巻き込んだ物流の混乱」による影響が「建設業界」にも暗い影を落としている

・過去回でも紹介した「2025年問題」や「建設業界への『残業規制』の適用」など、根本的な問題解決の必要性が年々高まっている

・中でも「建設業界」が抱えている「慢性的な人手不足」を解決するだけの「決め手」がない

 

これらの「明るい材料・暗い材料」どちらにも言えることですが、どうしても、いわゆる「タラレバの話」になってしまいがちです。

しかし、ここでご紹介した各材料は、どれも「実際にそうなる理由や可能性が存在しているもの」であり、その多くが「当ブログ過去回でも詳しく取り上げているもの」ばかりですので、お時間とご興味のある方は「過去回」を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

■「2023年」は『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』にとって「どんな年」になる?

 

 

さて、先程の「建設業界」に続き、こちらのセクションでは「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』における2023年がどんな年になるのか?」について、さらに考察を深めていきましょう。

 

【2023年の『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』における明るい材料】

・「建設現場の省人化(注1)」において『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の重要度がさらに多くの人々に認知される可能性が高くなる

(注1:省人化とは、既存の業務手順や手法を見直し、改善することで「より少ない人員で業務や現場をまかなえるようになる」ことを指す)

・『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』をはじめ、多くの仕事で、より「働き方」が変化し、その変化が社会的に広く認知されていくことにより、さらに改善が進められるようになる

・幸いなことに、都市部を中心に「不動産業界の好調」がまだまだ続く可能性が高いため、より多くの仕事が業界内にもたらされることになる

こうして見ると、そのほとんどが「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事のメリットが広く認知される」という材料ばかりになっていますが、社会的に一定以上の認知を受けている業種・業態ほど「市場規模が大きくなる」可能性が高くなっていくと言われており、最終的には「業界全体の発展へとつながっていく」と考えても差し支えないでしょう。

 

続いて、思わずご紹介するのをためらってしまいがちな「暗い材料」についてご紹介すると、以下のようになります。

【2023年の『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』における暗い材料】

・2022年以前から続いている『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入業』全体での「慢性的な人手不足解消」が実現する可能性は低いと見られる

・『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入業』全体で、働き方が変化し「プライベートの時間」が優先されるようになれば、当然ながらそのしわ寄せが「建設業界」に対しても影響を及ぼす

・現在好調と言われている「不動産業界」においても、今後「空き家問題」などをはじめとしたさまざまな問題点が存在しており、いつ不調に転じるかわからないため、密接な関係を持つと言われている『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入業』も同様に、いつ不調となるかわからない

もちろん、これらは全て「予想される」というだけで、実際にどうなるかは文字通り「神のみぞ知る」という所ではありますが、ハッキリしないことでモヤモヤを抱えてしまったり、ストレスになってしまったりする方も、残念ながらいらっしゃるのでしょうね。

 

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:その他の業界における「2023年はこんな年になる?」をご紹介!

 

では、今回のオマケは、これまでお話している「建設業界」『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』からは一旦離れ「その他の業界・業態における2023年の動向」に目を向けてみましょう。

 

より多くの業界・業態における「先行き」を考えた場合、共通となる「明るい材料」としては「新型コロナ感染症における社会的影響は縮小しつつある」という点でしょう。

一時期注目を集めた「多くの医療関係者にしわ寄せが集中するような状況」も、注目を集めたことで「より多くの改善案が寄せられた」だけでなく、素早く改善が実施・反映されるようになってきており、そろそろ「平常運転の時期へ差しかかるのでは?」という見方が広まっています。

 

その一方で、度重なる「社会情勢の変化」により、より状況が悪化するのでは?と感じている方や、悲観的な意識を持ち続けている方は、以前よりも減ってきてはいるものの「100%安心できるわけではない」と警戒している様子も伝わってきているそうです。

良い方・悪い方、どちらに転んでも「私たちの社会へ、大きな影響がもたらされる」との意見を持つ識者もいるようですが、できることなら「明るい一年」となってほしいものですね。

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

■なんとなくでOK!あなたなりの「2023年の建設業界」を予想してみよう!

 

 

さて、今回最後となるこちらのセクションでは、私たちHands(ハンズ)のような「業界関係者」だけでなく、当記事をご覧の「あなた」の考えをベースに「2023年の建設業界」を予想してみることをオススメしていきましょう。

そうオススメする理由としては「この先の動向が『良い方・悪い方』どちらに転んでも、ネガティブにならないような『心の強さ』を養う」ためです。

 

人間の心理として「必ず良い方に転ぶ」と思う時ほど「思ったように上手くいかなくなった際の精神的ダメージが大きい」という特性があります。

しかし、はじめから「良い方・悪い方、どちらにもそうなる可能性がある」という意識でいれば、精神的なダメージは小さく済み、改善案を考えられるほどの「心の強さ」言い換えれば「心の余裕」が生まれやすくなる、というわけです。

皆さんも、まずは「2023年はこうなるのでは?」という予想と、自分なりの「理論や根拠」を持ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ:2023年も「建設業界」を『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』で支える「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

今回は、私たちHands(ハンズ)の携わる『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』「建設業界」における「2023年の動向」に関するお話をお送りしました。

今後も『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』「建設業界」を支える気合十分の株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事