1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 今後『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の未来は「修繕工事」が支える?

BLOG

ブログ

建築事業部

今後『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の未来は「修繕工事」が支える?

さて、今回の記事では、私たちHands(ハンズ)が手掛ける『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事や、それらを包括する「建設業界」において重要な「修繕工事」との関係を、より多くの人に知っていただくために「今後『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の未来は「修繕工事」が支える?」と題して、いろいろなお話を進めていきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

■まずは「なぜ今後、修繕工事が増えると考えられるのか?」を探る

 

 

さて、何よりもまず最初にハッキリしておきたいのは、セクションタイトルにもあるように「なぜ今後、修繕工事が増えると考えられるのか?」と、その根拠でしょう。

その答えは、現在の50〜40代の方であれば、リアルタイムで経験した方も多かったであろう「バブル景気」が関係しています。

 

「湯水のようにお金を使う」という表現が、遠く離れた現代の私たちにもしっくり来てしまうこの時期、当然ながら「都心」などでも、多くのマンションが建設され、飛ぶように売れていったそうです。

もちろん「公共工事や大規模施設」などもこの当時は多く施工・建設されることになり、時代が下ってからは「後の経済的状況にふさわしくない規模」を持つ施設が、持て余し気味ながらも使われていくことになりました。

 

それから25年たった現在「バブル期」という「それほど長くない時代に一斉に建設された」それらの建物は、当然のように「一斉に老朽化を迎える」ことになり、社会問題化しています。

カンの良い方であれば、もうお気づきでしょうが、この「バブル期に建てられた建物」「一斉に修繕工事を必要とする状態」になっていくことこそ「今後、増えていく修繕工事」の根拠となります。

 

ただ、不幸中の幸いというべきか、これらの「バブル期に建てられた建物」の多くは、一部が「老朽化や耐用年数の限界」などを迎えているものの、当時「しっかりとお金をかけて建設されていた」こともあり「修繕工事を行えば、今後も引き続き使用できるクオリティ」である、と言われているそうです。

 

■「修繕工事」により、Hands(ハンズ)だけでなく業界全体が潤う?

 

 

さて、これらの「修繕工事」に至る経緯はご理解いただけたかと思いますが、ここからは「今後大量に発注される修繕工事」によって、私たちHands(ハンズ)が属する「建設業界」にどんな影響がもたらされるのか?についてご紹介していきましょう。

 

あまりにも当然の流れですが、今後の「建設業界」は、この「修繕工事バブル」とも言える状況によって、大いに潤うことになる、と考えられます。

なおかつ、当ブログ過去回でもご紹介しているように、現在の「建設業界」は、あくまで「短期的」な予想であるものの「景気好調」を示しているという、非常に良い局面にあります。

→該当の過去記事はこちらからもご覧いただけます

 

だからといって、この先の状況を楽観視していたり、油断していたりということはありませんが、この上「修繕工事が多く舞い込んでくる」という状況が待っていることを考えると、いつのまにか「建設業界の未来は明るい」という声が大きくなっていっても不自然ではないでしょうね。

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:背景となる「バブル期」ってどんな時代だった?

 

では、今回のオマケは、先程、今回のテーマになっている「修繕工事」が増えていくと考えられる要因のひとつ「バブル期」に関するお話をいくつかご紹介していきましょう。

 

この「バブル期」は、厳密に言うならば「バブル経済期」「バブル景気」などと呼ばれており、その期間としては「1986年(昭和61年)12月〜1991年(平成3年)2月までの51ヶ月間」を指しています。

もちろん、この言葉は「日本国内だけ」で用いられる名称なのですが、名前の一部になっているこの「バブル」という言葉は「何らかの影響によって、実体経済から外れた資産価格が一時的に暴騰(ぼうとう)状態となり、その後急速に下落を迎える」様子を「中身のない泡(バブル)が、大きくふくらんでから弾ける様」になぞらえたものです。

 

加えて、日本語では「泡沫景気」と訳される「景気の1タイプを示す専門用語」でもありました。

その名称からも分かるように、当初から「このような爆発的な好景気は長く続かない」という見方がほとんどであったものの、一時的なものにも関わらず、多くの人々が「好景気に浮かれている」ともいうべき状態になっていきます。

このような経緯で、最初のセクションでも触れたような、社会全体が「湯水のようにお金を使う」ようになっていった、というわけです。

 

そして、この「バブル期」「ツケを払う」かのように、以降は「先の見えない平成大不況」ともいうべき「冬の時代」に入っていきます。

この不況は、当初「失われた10年」と呼ばれていましたが、期待も虚しく不況は長期化、時期だけが「失われた20年・失われた30年」というように伸びていくこととなりました。

約30年を経過した現代では、この「バブル期」に起きた現象や、当時の経緯などが数多くの書籍・資料にまとめられていますので、興味を持った方はいろいろ調べてみることをオススメします。

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

■「建設業界」を待ち受ける「今後の良い流れ」に乗っかるなら、今?

 

 

さて、今回最後となるこちらのセクションでは、将来的に「良い流れ」を迎える可能性が高い「建設業界」に、今から乗っていくための「筋道」についてお話していきましょう。

 

すでに「好調期に入っているのでは?」という意見も多い「建設業界」ですが、その「将来性」「安定した収入」に魅力を感じているのであれば、このタイミングで思いきって飛び込んでみるのも良いかもしれません。

もしあなたが、その第一歩を刻むのであれば、私たちHands(ハンズ)が手掛けている『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事は、チャレンジに最適な環境が整う「建設業界への登竜門」ではないでしょうか?

 

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事は、数多くの職人やスタッフが、お互いに協力して「建築現場」をまとめ上げていく様子を、しっかりと目に焼き付けることができる「立ち位置」の仕事であり、早い段階で「建設業界人」に必要な「現場全体を俯瞰(ふかん)して見るクセ」が付きやすい、と言われています。

そのため、これから門を叩こうと考えている「建設業界未経験」の方であっても、スムーズに「建設業界」になじんでいけるでしょう。

 

もちろんHands(ハンズ)では、未経験からでも『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事に必要な知識や技術を学べる「研修体制」や、この仕事を「長く続けるために必要な環境」が整っていますので、『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事でじっくり頑張っていきたい方にもオススメの職場になっています!

 

まとめ:これから増えていく「修繕工事」の要となる「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

今回は、私たちHands(ハンズ)の携わる『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』だけでなく、今後の「建設業界」の仕事の中核を占めるのでは?と言われている「修繕工事」に関するお話をお送りしました。

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事を通じ、これら「修繕工事」「建設業界」を支える株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事