1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』での経験が活きる?意外なシチュエーションとは?

BLOG

ブログ

建築事業部

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』での経験が活きる?意外なシチュエーションとは?

さて、今回の記事では、主に先輩スタッフから寄せられたご意見のひとつ「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』での経験が活きる、その他のシチュエーションについて知りたい」という声を反映すべく「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』での経験が活きる?意外なシチュエーションとは?」と題して、いろいろと深堀りしていきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

CASE①:当然ですが「大きな荷物運びや車への積み込み」などに役立ちます!

 

 

さて、まず最初のシチュエーションですが、やはりというか、当然というかというお話かもしれません。

仕事柄か、『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事では「大きくて重い荷物」の扱いや「整理して積み上げる」というスキルが磨かれることになります。

 

では、ここで皆さんも一緒に「このスキルが活かせる場所」を考えてみてください。

意外にも、生活全般において、このスキルが「かなり広範囲で役に立つもの」だということがお分かりいただけるはずです。

 

例えば、新生活を迎える上で、大きな家具などを自宅に運び込む際や、友人たちと車でBBQに出かける際の荷物や資材の積み込み、さらには引っ越しの手伝いやお部屋の模様替えなどなど、『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』仕事での経験が活きるシチュエーションは、普段の生活の中にも多く存在しています。

して、ここから先は、どちらかといえば「2次的・副次的な効果」のお話となりますが、このようなシチュエーションを数多くこなしていると、結果としてご家族や友人たちから「頼れる人」という位置づけとともに「リスペクト」の気持ちを抱いてもらえるようにもなるかもしれませんね。

 

CASE②:実は「スケジュール管理や進捗(しんちょく)管理」などが得意になります!

 

 

さて、次のケースは「スケジュールや進捗管理が得意になる」というものですが、カンの良い方や当ブログを継続して読んでいただいている方にとっては「なるほど!よくそういうこと書いてあるものね」とご納得いただける部分かもしれません。

 

Hands(ハンズ)の『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』仕事では、これまでの当ブログ過去回でも言及してきたように「現場におけるスケジュール・進捗度合いを踏まえた上で、適切なタイミングで荷揚げ・搬入する」という「建築現場でのもうひとつの役割」が存在します。

そのため、ベテランや経験を積んだスタッフさんの場合、この「役割」が体に染み付いており、それ故に「日常生活など仕事外においても、絶妙なタイミングをつかんだり、スケジュールや進捗管理が上手くなる」という副産物も生まれるようです。

 

なおかつ「現在の状況を俯瞰(ふかん)して、全体的に見られるようになる」という一種の「戦略眼」のようなものも身につけられる場合があり、「大きな現場における個人の役割や、集団の中でどう動けば最適な効果を発揮できるか?」という考え方を養うことにもつながるでしょう。

このあたりは、主に仕事の分野で役に立つスキルのように見えるかもしれませんが、日常生活においても「計画性を持って行動する」ことや「効率が良く無駄な動きをしない」などの部分は、活かせるポイントが非常に多いはずです。

前述した通り、このあたりの話については、当ブログの過去回でも詳しく解説していていますので、興味の湧いた方は参考にしてみてくださいね。

→該当の過去記事はこちらからもご覧いただけます

 

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:転職や仕事探しでは「異業種での経験を他の分野へ活かせる人」が有利になるってホント?

  

では、今回のオマケは、主に「転職や仕事探し」においての例となりますが、「過去の異業種での経験を他の分野に活かせる人ほど、新天地でも上手に活躍できる」というお話をいくつかご紹介していきましょう。

 

さまざまなスタイルの業種・職場・企業などが世の中には数多く存在しますが、ほとんどの企業では「社長・重役・部長・課長」などの序列や「営業部・総務部」などの一般的な部署制度を採用していますよね?

このような状況に疑問を抱いたことのある方は、案外と多いのかもしれませんが、おそらくは「多くの企業が業績を上げる上で、このスタイルを採用した方が良いと判断している」からこそ、このシステムが浸透しているのだと思います。

 

一見「このセクションとは関係ない話」のように見えるでしょうが、実は「同様に業種や仕事内容を問わず、仕事の現場におけるノウハウやコツは、他の分野においても共通していることが多い」と考えられるのです。

そのため、これまでに「異業種での仕事を経験してきた人」にとっては、例え新天地となる職場や企業が前職とは異なるものだったとしても「これまで経験してきたシチュエーションやスキルが流用できる」場面に数多く遭遇(そうぐう)することになるでしょう。

これを裏付けるデータとして、私たちHands(ハンズ)の仕事に応募してきた方の「およそ6割」「建築・現場系の職種未経験」であり、その多くが採用後も『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事で活躍している、という「れっきとした事実」があります。

いかなる業種・職場であっても「人がその中で仕事をする」という「共通点」があるため、おそらく「異業種での経験や効率良く仕事を進められるスキル」「共通する部分が多い」ということではないでしょうか?

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

CASE③:繰り返しますが「今後、建設業界で活躍する」のに役立ちます!

 

 

さて、今回ご紹介する最後のケースは、先程の「CASE②」と同様に、これまでも当ブログ過去回でご紹介してきた「『建設業界』への登竜門として『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事は最適である」という考え方をベースに、Hands(ハンズ)での体験・経験が「今後の『建設業界』で活躍する足がかりになる」ということについてお話していきましょう。

 

先程の「CASE②」では「現在の状況を俯瞰して、全体的に見られるようになる」というお話をさせていただきましたが、このスキルこそ「これからの建設業界を支える人材に必要なスキル」だと、私たちHands(ハンズ)をはじめ、数多くの「建設業界人」が感じています。

ですので、これから「建設業界」の門を叩こうと考えている「建設業界未経験」の方や、Hands(ハンズ)を通じて「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事に興味を持った」方には、若干、手前味噌な部分はあるものの、私たちHands(ハンズ)への応募から「将来の建設業界での活躍」を目指してはじめてみませんか?とお伝えさせていただいている、というわけです。

 

まとめ:意外なシチュエーションで活きる?かもしれない『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事、あなたも「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

今回は、私たちHands(ハンズ)の携わる『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事での経験は、その他の「さまざまなシチュエーション」で活きるという「可能性」についてのお話をお送りしました。

そんな、ある意味「お得」『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事をはじめるなら最適の株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事