1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の「将来性」を探る!

BLOG

ブログ

建築事業部

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の「将来性」を探る!

さて、今回の記事では、私たちHands(ハンズ)が携わる『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の業務における「将来性」を浮き彫りにすべく「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の『将来性』を探る!」と題して、いろいろと解説していきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

「建築・土木系の仕事」がランクイン?「将来性のある業界ランキング」とは?

 

 

今回のお話を進める上で、この「将来性のある業界ランキング」というワードに着目した方も多いでしょうから、まずはこのワードの解説からお話を始めていこうと思います。

こちらの「将来性のある業界ランキング」とは、基本的には「特定の省庁や研究機関、人材派遣会社」が選定・制定しているものではなく、さまざまな「求人情報サイトや記事」などで「独自の選定基準に基づいて」発表・公表されているものとなります。

その出自などを考えると、中には「あまり信頼に値しないのでは?」というご意見を抱いた方も多いかもしれません。

しかし、多くの事例を公開している「求人情報サイト」の立場になって考えれば「その内容をもって自分たちの公開している情報や記事などの質を、不特定多数の方々から判断される」ことになるわけですから、きちんとした調査や担当者の経験・価値観に基づいた上で情報を公開しなければ「自分たちの首を絞めてしまう」ことにもなりかねません。

そして、私たちがこれらのランキングにおいて「『建築・土木系の仕事』がランクイン」と判断できるのは「複数のランキングにおいて『建築・土木系の仕事』が登場している」ためです。

 

さらに、各「ランキング」の選定基準において、今後私たち「建設業界」が注目すべき部分としては「(その分野の仕事に対して)社会的なニーズがなくならない」というものがありました。

実は、この「(その分野の仕事に対して)社会的なニーズがなくならない」という部分に関しては、これまでも当ブログにおいても何度かご紹介してきた話であり、いうなれば「これらのランキングが当ブログの考えの裏付けとなっている」ような状況でもありますね。

→該当の過去記事はこちらからもご覧いただけます

これで、今回ご紹介している「『将来性のある業界ランキング』に『建築・土木系の仕事』がランクインしている」という状況が、業界にとって喜ぶべきことだと、皆さんにご理解いただけたかと思います。

 

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』のカギを握るのは「物流」?

 

 

さて、続くセクションでは、前セクションにおける「事実(「建設業界」の将来が期待されている状況)」に対する「理由」となる部分を、誰もが考えつかなかった「意外な線」から解説していきましょう。

 

皆さんは、現在「大手通販サイト」を日常的に利用している、または「以前利用していた」ことはありますか?(サイトの具体名はここでは登場しませんが、ネット上では「密林」などと称されることもある「あのサイト」などが該当します)

これらのサイト上では、一昔前ならまずあり得ないような「早朝に注文して、夕方・夜には注文した荷物が到着する」という驚くべきサービス内容を実現しているのですが、配送を担当している「大手宅配便サービス」の企業努力だけでは、このような「物流」を実現することは不可能でしょう。

では、どのようにしてこのような「物流」を実現しているのかと言うと、これらの「大手通販サイト」では、数多くのジャンル・品数の在庫に対応した「大型倉庫・物流基地施設」を全国に設置しており、これらの施設で大量の注文に対して「荷物の仕分け作業」を高速で行い、迅速に配送を行うことでこれらのサービスを実現しているのです。

ここまで説明すれば、ピンと来た方もいらっしゃるでしょうが、今後の「建設業界」においては「これら大規模通販サイトの大型倉庫・物流基地施設建設」のニーズがあり、それを中心に多くの仕事が寄せられることになるだろう、と言われているのです。

ただ、あくまでもこれは「想像上」の話というだけですので、私たち「建設業界人」としては、あまり期待しすぎるのもよろしくはないでしょうが、そうは言っても、ありがたい話であることには変わりないですね。

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:その他の「伸びるとされている業界」とは?

 

では、今回のオマケは、記事のテーマにもなっている「将来性のある業界ランキング」において、私たち「建設業界」の他に「有力視されている業界」をいくつかご紹介していきましょう。

ただ、前セクションの例のように、それらの業界から、私たちの「建設業界」へ仕事が舞い込んでくる可能性もありますので、全く関係のない話ではないと思われます。

 

では、これらの業界を、いつも通りの「箇条書き」のスタイルで書き出してみましょう。

・ITエンジニアなど、IT関連の制作業務

・デジタルマーケティングやWEB広告関連事業

・医療分野関連事業

・各種クリエイター職

・倉庫・物流業界

・EC業界

・福祉業界

・農業業界

他にも数多くありますが、一旦はこのぐらいにしておきましょう。

 

この中で、一般的にあまりなじみがない名前の業界としては「デジタルマーケティングやWEB広告関連事業」「EC業界」が挙げられるでしょうが、前者は「PCやスマホなど『インターネットなどを利用した形』でのマーケティング・広告を請け負う業界」のこととなります。

後者の「EC業界」とは、前セクションでも登場した「通販サイト」など「インターネット上で買い物ができるサイト」のことを「ECサイト」といい、それらの運営や構築、営業などを行う業界を指しています。

こうして見ると、やはり「インターネット関連業界」が、引き続き好調だと考えられているようですね。

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事の未来も明るい?

 

 

さて、今回最後のセクションは、これまでご紹介してきた「現在の『建設業界』は将来性があると考えられている」という点を踏まえ、私たちHands(ハンズ)の手掛ける「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事は、同様に明るいものとなるのか?」についてお話していきましょう。

 

まず、結果からお話すると「同様に『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事もこれから明るいものとなる可能性は高い」と言えるでしょう。

その理由は「現在の『建設業界・建築現場』にとって『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事は『なくてはならないもの』になっている」と考えられるからです。

 

この状況を踏まえて、私たちHands(ハンズ)では、今後も一層「働くすべての人が、安心して長く働けるしくみ作り」に力を入れ、より多くの方に「建設業界で働く魅力」を理解してもらいたいと考えています。

もしあなたが「建設業界未経験」であったり「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事に興味がある」ならば、まずは「安心して長く働けるしくみ」を持つ、私たちHands(ハンズ)への応募から、記念すべき一歩目を踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ:今後、さらなる発展を遂げる可能性が高い「建設業界」を支える「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

今回は、今後の発展や躍進(やくしん)が期待されている「建設業界」において、私たちHands(ハンズ)の携わる『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事が、どのような動きをしていくべきなのか?という部分につながるお話をお送りしました。

そんな「建設業界・建築現場」の未来を支える『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』のお仕事を、これからはじめてみようという方々必見!株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事