1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 今後の「建設業界」のキーワードは、やはり「省人化」?

BLOG

ブログ

建築事業部

今後の「建設業界」のキーワードは、やはり「省人化」?

さて、今回の記事では、私たちHands(ハンズ)もその中枢を担っている「建設業界」の、今後の課題と言われる「省人化」について「今後の「建設業界」のキーワードは、やはり「省人化」?」と題して、いろいろと解説していきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

なぜ今後の「建設業界」において「省人化」が重要視されているのか?

 

 

まず、ここでいう「省人化」というキーワードですが、その意味としては「仕事や作業におけるチーム、メンバーの人員を『仕事量』を落とさずに、より少なくする」という意味になります。

もちろん、単に人員を削減すれば良いということではなく、業務の一部を機械化・IT化するなど、何らかの手段を用いて、あくまで「チームとしてのパフォーマンス」を維持する形でなければ「省人化」とは言えません。(世間一般でいう「リストラ」とは意味合いが全く異なりますのでご注意を)

 

そして、今回のお話を進める上で「最初の疑問」となる所としては、セクションタイトルのようになぜ今後の「建設業界」において「省人化」が重要視されているのか?」という点だと思います。

ただ、現在の「建築現場」において、他の重要な問題より「省人化」を急ぐべき「分かりやすい理由」が明確に見えるのかどうか?という部分に関しては、現場スタッフの目から見ても、それほどないのでは?と思うかもしれません。

しかし、ここで頭に置いておくべきことは、この問題が、皆さんの視野を「イチ建築現場の単位ではなく、建設業界全体まで広げて、はじめて見えて来るもの」だということなのです。

 

現在、ひとつひとつの「建築現場」においては、おそらく「キャリア数十年の大ベテラン」の数は、そこまで多くはない、と考えられます。

しかし、もうすぐ先には、現在の「建設業界全体」の労働力の一部を占める「しらけ世代(出生率が一番高かった『団塊世代』の次の世代にあたる・1950年〜1964年生まれ、)後半やバブル世代(その次の世代にあたる・1965年〜1970年生まれ)」のスタッフが「大量に引退を迎える時期」が待っています。

さらに、この世代の方々は、現場の作業からはすでに引退していても、「企業・会社経営」においてはまだまだ「現役」でいると考えられますが、今後はそのポジションからも「大量に引退者が出る」という事態も容易に想定できるハズです。

仮にこれらの事態が現実化した場合「建設業界」はどうなってしまうのか?これで、今回のテーマ「建設業界の省人化」「火急な問題」である、ということが皆さんにもご理解いただけたかと思います。

 

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』における「省人化」への取り組み

 

 

 

さて、続くセクションでは、私たちHands(ハンズ)が携わる『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の分野から見た「省人化への取り組み」について考えてみましょう。

 

単刀直入に、Hands(ハンズ)が行っている『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の業務そのものが、すでに「建設業界の省人化」というよりも「高効率化」に貢献している、と言えるかもしれません。

実は、当ブログの過去記事において「『建設業界』における『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業務の立ち位置」について解説している回があるのですが、この中にも各作業を行う職人さんの負担を減らし、作業に集中できる環境を作るという文面が登場しています。

→該当の過去記事はこちらからもご覧いただけます

こちらの記事中でも解説している通り「絶妙なタイミングを逃さずに揚重・荷揚げを行う」ことで、各工程を担当する職人さんたちの負担を軽減すれば「より少ない人員で現場を回す」ことも可能となるでしょう。

 

なおかつ、このような「常に作業に集中できる環境」を維持し続ければ、「現場での作業がより円滑に行われる」ことにもつながりますので、例え作業スタッフの人員が少なくなっていったとしても、ある程度の対応は可能になるかもしれません。

ただ、あくまでもこれは「負担を軽減することが可能」というだけで、今後の「建設業界」が抱える問題への「根本的な解決策」にはもちろんなり得ないでしょう。

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:どんな業界でも使える?「省人化へのヒント」とは?

  

では、今回のオマケは、記事のテーマにもなっている「省人化」というキーワードをより明確にするために「さまざまなヒント」をいくつかご紹介していきましょう。

まずは、私たちの「建設業界」だけでなく、いろいろな分野で生じる「省人化すべき点」を、当ブログではもはやおなじみになった「箇条書き」のスタイルで書き出してみます。

・「機械化」または「自動化」できそうな業務

・スタッフ間で「密接な連携が取れていない」業務

・各スタッフが「完成イメージを共有できていない」業務

・不必要なほど、多くの人員を費やしている業務

・現場の人員に決裁権がなく、結果的に何度も確認が必要となってしまう業務

他にも探せば出てくるでしょうが、まずはこのぐらいにしておきましょう。

 

もちろん、これらの多くは「一スタッフの立場」において、くつがえすことが非常に難しい「問題点」ばかりとなっています。

しかし、より多くのスタッフや、関係者全体で「これらの問題点を共有し、改善していく意欲を持ち、然るべき対応を続けていける」のであれば、必ず何らかの形で「成果が出る」、すなわち「省人化できる」はずです。

皆さんも、まずは「省人化することへの意欲」を大切にし、徐々に周りへ浸透させるようにしてみてはいかがでしょうか?

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事を通じて、今後の「建設業界」にどう貢献していくのか?

 

 

さて、今回最後のセクションは、テーマとなっている「省人化」からは少し離れてしまいますが、私たちの『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業務を通じて、今後の「建設業界」にどう貢献していくのか?についてお話していきましょう。

 

私たちHands(ハンズ)が考える「今後の建設業界のために必要なこと・できること」は、もちろんひとつではないのですが、代表的なものを挙げるとすれば、やはり「働くすべての人が、安心して長く働けるしくみ作り」になるでしょう。

以前の回でも何度かご紹介した通り、私たちHands(ハンズ)「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』こそ『建設業界』の入り口に最適な仕事のひとつ」という考えを持っています。

逆に「『建設業界の登竜門』として、この業界の良さを多くの人に感じてもらいたい・多くの人に良い環境で充実した仕事を続けてもらいたい」と考えているからこそ「働くすべての人が、安心して長く働けるしくみ作り」を重要視して、常に取り組み続けているのです。

もしあなたが「建設業界未経験」であったり「荷揚げの仕事に興味がある」ならば、まずは「安心して長く働けるしくみ」を持つ、私たちHands(ハンズ)への応募から、記念すべき一歩目を踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ:「建設業界」の今後のために「省人化」のカギを握る「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

今回は、現在の「建設業界」において、何よりも重要視されている「省人化」をテーマに、我々「建設業界人」が何を考え、そしてどういう行動を起こすべきか、そして『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事を通じて、どのようなことを念頭に置いていくのか?という、ある意味「問題提起」のようなお話をお送りしました。

そんな「省人化」のカギを握る『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』のお仕事を、これからはじめてみようという方々必見!株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事