1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. これからの「過ごしやすい季節」はじめてみませんか?『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』

BLOG

ブログ

建築事業部

これからの「過ごしやすい季節」はじめてみませんか?『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』

さて、今回の記事では、私たちHands(ハンズ)の業務『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』をこれからはじめようと考えている皆さんへ「これからの『過ごしやすい季節』はじめてみませんか?『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』」と題して、いろいろと解説していきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

新しい仕事を始めるのに最適なシーズンはいつ?

 

 

今回のお話を進める上で、最初に皆さんと考えていきたい部分としては、やはり新しい仕事を始めるのに最適なシーズンとはいったいいつなのか?」という点だと思います。

ただ、一般的な常識として考えるならば、日本の学校制度や、多くの企業などで「年度始まり」として用いられている「4月」が、すでに絶対的な「答え」として君臨していますね。

しかし、そのような「絶対的な答えがひとつあればいい」のであれば、特に悩む必要はないのですが、どんな方にも「ご自身やご家族の都合」「もともと続けていた仕事をやめざるを得なくなってしまった」などと言った「それぞれの事情」もあるでしょうから、この「4月スタート」だけでは、すべてをカバーすることはまず不可能かもしれません。

 

そこで、もうひとつの「答え」として、私たちHands(ハンズ)が提唱するのは「10・11月などの秋シーズンから」という考えです。

そのメリットを、まずは箇条書きにして並べてみると、

・多くの企業にとって「半期が終了したタイミング」である、また企業側にとっては「年度途中で欠員を解消するチャンス」でもある

・動きやすく過ごしやすい時期であり、業務や職場での所作を覚える上でも都合が良い

・「さまざまな業界」にとって繁忙期とも言える「年末年始」シーズンを前に、ある程度の実力をつけた上で臨むことができる

・後々、勤続年数や就業時期を数える上でも「0.5年」と計算しやすくなる

といった所が挙げられるでしょう。

もちろん、これだけのメリットがあるからといっても、より多くの方々の「都合や事情」をすべて解消することはできませんが、それでも「秋シーズンスタート」という別の選択肢があることで、さらに多くの人の悩みを解消できる可能性も、より高まるのではないでしょうか?

 

体を動かす仕事だからこそ「過ごしやすい季節」が重要?

 

 

さて、続くセクションでは、舞台を私たちHands(ハンズ)が携わっている『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事や、その大本である「建設業界・建築現場」へ移して考えてみましょう。

 

実は、当ブログの過去記事においても「秋シーズンに『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事をはじめるメリット」について解説しています。

→該当の過去記事はこちらからもご覧いただけます

https://kkhands-saiyo.jp/2021-09-001-2/へのサイト内リンク設置)

この中でも解説している通り、この『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事は「体を動かす仕事」いわゆる「肉体労働」であり、夏場や冬場などの「屋外での作業が過酷な時期」においては、一層新規参入のためのハードルが高くなってしまうでしょう。

 

実際の所、これまでに経験があるベテランのスタッフですら「暑さ・寒さに対する対応策」「そのために必要な装備」を強いられるのですから、当然右も左も分からない新人の立場であれば「キツい仕事だな」という「業務イメージ」にもつながりやすくなります。

当然、業務についていくだけで「めいっぱい」の新人さんであれば、仕事や職場での所作を覚えたり、業務に必要な人間関係を構築するための「余裕」がなくなってしまい、中には「思うようにいかない自分」に対してイライラしてしまう場合もあるかもしれません。

そのような「苦しい状況」を避ける上でも「新しい仕事をはじめる時期」は、できる限り「過ごしやすい時期を狙うべき」だと思いませんか?

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:秋・冬の寒さを左右する「エルニーニョとラニーニャ現象」とは?

 

では、今回のオマケは、タイトルにもある通り、秋から冬場にかけての寒さ予想で、キーワードとなっているものの、よく分からない人のために「エルニーニョ・ラニーニャ現象」に関するお話を進めていきたいと思います。

実は、2022年9月の気象庁の発表によると「2022年8月も『ラニーニャ現象』が継続していることが確認されていた」そうで、このままいけば「2022年〜2023年はじめにおける冬シーズンが厳しい寒さにさらされる」ことが懸念(けねん)されていることを、皆さんはごぞんじだったでしょうか?

ここでも出てきている「エルニーニョ・ラニーニャ現象」という言葉ですが、できるだけシンプルに説明すると「日本をはじめ世界の国々や地域の天候・気象に大きな影響を与えるとされている『南米ペルー沖の海面水温』によって、引き起こされるさまざまな現象」のことです。

 

では、この「エルニーニョ・ラニーニャ現象」をそれぞれ箇条書きで解説してみましょう。

【エルニーニョ現象】

・ペルー沖の海面水温が標準より高い時に起きる

・雲が東へと移動しやすくなり、海水面からの上昇気流が弱くなる

・日本では、その影響を受け「冷夏・暖冬」になりやすい

 

【ラニーニャ現象】

・ペルー沖の海面水温が標準より低い時に起きる

・雲が赤道付近に留まりやすくなり、海水面からの上昇気流が強くなる

・日本では、その影響を受け「猛暑・厳冬」になりやすい

 

正直、この説明では、まだまだ「エルニーニョ・ラニーニャ現象」の深い部分までは理解できないかもしれませんが、日本への影響に関する部分さえ覚えておけば「後の季節の天候が判断しやすくなる」と思いますので、まずはここまでの内容を、皆さんの頭の片隅にでも置いていただければ幸いです。

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の仕事をはじめる上で『覚えておいてほしいこと』とは?

 

 

さて、今回ご紹介する最後のセクションは、当記事を見て「この仕事をやってみたい!」と思ったり、興味を持ってくれた皆さんに「覚えておいてほしいこと」についてお話していきましょう。

それはどんなことかというと、シンプルですが「この仕事は、体を動かす仕事ではあるけれど『人よりも体力や筋力がなければ絶対にできない仕事』ではない」ということです。

 

それを証明する上で、ひとつ「数字の話」をご紹介すると、実は、私たちHands(ハンズ)の仕事をはじめる人の「90%以上が建設業界未経験」という確かなデータが残っているのです。

もちろん『人よりも体力や筋力に自信がある』方は、仕事を続けるにあたって有利ではありますが、当然のことながらそれだけがすべてではありませんのでご安心を。(コツと経験で、体格が小さくても現場で大活躍している先輩スタッフも多く在籍し未経験の方をしっかりサポートします)

ですので、まずは「荷揚げの仕事をはじめてみよう」という「興味」さえあれば、私たちHands(ハンズ)が誇る「充実した新人研修体制」に飛び込んでみてください。

そして、後々現場での経験や実力が身に付き、現場で活躍する「先輩スタッフ」の立場になった暁には、今度はあなたが「この仕事を続けるノウハウや知識を、多くの新人スタッフに広める」ようにしてもらえると嬉しいです!

 

まとめ:余す所あとわずかの2022年!「株式会社Hands(ハンズ)」でお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

今回は、この先の「建設業界・建築現場」における、登竜門的な役割もある『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』のお仕事をはじめるのに最適なシーズンについてや、その先の業務のための「覚えておくべきこと」に関するお話をお伝えしました。

そんな『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』のお仕事を、これからはじめてみようという方々を「常に」大募集している株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事