1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 現在好調の「建設業界」は2023年以降も繁忙状態が続く?

BLOG

ブログ

建築事業部

現在好調の「建設業界」は2023年以降も繁忙状態が続く?

さて、今回の記事では、私たちHands(ハンズ)が属している「建設業界」の今後の動きをより理解するために「現在好調の「建設業界」は2023年以降も繁忙状態が続く?」と題して、いろいろと解説していきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

短期的には「景気好調」を示している「建設業界」

 

 

さて、ここから今回のお話を進める上で、まず最初に知っておくべき情報としては「短期的に見ると『建設業界』は『景気好調』を示している」という点でしょう。

こう書くと「現在の建設業界って景気好調なのか!」と驚く人も多いでしょうが、さまざまな専門的機関における調査によると「2022年7月まで3ヶ月連続でポイントを伸ばしている」という結果が出ているのだそうです。

なおかつ、この流れは今後しばらく続き、意見によっては「この流れは2023年に入っても続くだろう」という好意的なものまで見られるようです。

 

では、どうしてこのような状況となっているのでしょうか?

その理由としては「さまざまな懸念点こそあるものの、現在建設工事の発注量は安定化しており、徐々にその数を伸ばしているため」だと言えます。

要は「建設工事自体の依頼数が安定化→徐々に増えている」ということになり、必然的に「建設業界全体で見れば、現在景気好調」と考えられています。

 

2022年に入り、一時は大きくポイントを下げてしまった「建設業界の景気動向」ですが、そこからの回復を支えているのはやはり「建築工事を求めている潜在的なニーズ」であり、最終的に見れば「顧客」の存在が、私たちの属する「建設業界」を支えていると言っても過言ではありません。

ただ、この理由だけが「現在の景気好調」につながっている、というわけではなく、他にも「大きな理由」があるのですが、その辺に関する解説は、次のセクションで行うことにしましょう。

 

都市部ではまだまだ「再開発事業」が多く進んでいる?

 

 

さて、前述の「大きな理由」が気になっている方も多いと思いますので、あまり焦らさずにその中身を解説していきましょうか。

実は、こちらのセクションタイトルにもあるように「都市部の多くで『再開発事業』が、現在も多く進行しており、建設工事に対する需要が多く存在している」のが、上記の「大きな理由」の正体です。

詳しい解説を進める前に、ここで参考にしていただきたい、当ブログの「過去回」をご紹介しておきますので、興味の湧いた方はぜひご覧くださいね。

→該当記事はこちらからご覧いただけます

 

ごぞんじの方も多いように、現在の日本は「コロナ禍の影響からの経済的な脱却・改善」が、まさに「最優先事項」として考えられています。

しかし、このような目標を実現するためには、何よりも「個人生活の土台となる住宅・マンション」が不可欠であり、これまでに以上に「住宅や高層マンション」へのニーズは高まっている、とも言えるでしょう。

とはいえ、このような「街ぐるみの大規模な転換」は、個人の声がいかに結集したとしても、実現することは難しいものです。

ただ、それら多くの「ニーズ」を反映させるだけでなく、その「街」に住む多くの人々の「生活」を支える上では、行政や民間企業などが主体となった「街の再開発」が不可欠になります。

 

ここまで来れば、筆者が伝えようとしていることが、より多くの方々にも伝わっているでしょうが、私たちHands(ハンズ)『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業務や「建設業界」にとっては、このような「ニーズ」に、今後も「全力で応えられる存在」として邁進(まいしん)していきたいと思っています。

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:「建設業界」への影響が懸念される「資材価格の高騰」とは?

 

さて、今回のオマケは、現在の「建設業界」に対しての影響が、多くの識者や専門家からも指摘されている「資材価格の高騰」について探っていきたいと思います。

では、どうしてこのような「資材価格の高騰」が起きてしまっているのか?という理由については、単刀直入にいうと「不安定な社会情勢により原材料費の仕入れコスト増」「円安の進行」が主な原因と言われています。

 

もう少し深堀していくと、まず「建築現場」で使用されている「建材」も、各メーカーが製造・販売している「製品・商品」であるため、その価格には「原材料費」「運送コスト」などがかかります。

しかし「ロシアのウクライナへの侵攻」など「世界的な社会情勢の変化」によって、建材メーカーにおいても「この状況下において、これまでの価格では、上記のコストの影響もあり『事業として継続できない』」という事態にまでつながってしまい、結果的に「資材価格の値上げ→高騰」という形で現在に至る、というわけです。

なおかつ、前述したように「円安」の状況下においては、国内の資材メーカーの立場からすると、海外から資材の原材料を輸入する場合「これまでと同量の原材料を確保する」ためには「より多くの原材料費がかかってしまう」ということになります。

これらのような「大きな原因」が複雑に絡み合い、さらには「より細かな要因」も影響して、現在の「資材価格の高騰」につながっている、というわけです。

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

キーワードは「省人化」?これからの「建設業界が歩む道」とは?

 

 

さて、今回ご紹介する最後のセクションは、今後の「建設業界」において、多くの企業が「注目すべき」点となっている「省人化」について一緒に考えていきましょう。

現状の「建設業界」において、これから先の未来を考える上で、真っ先に対策が必要な問題点といえば、やはり「高齢化による現場作業員・職人の減少」が挙げられるでしょう。

これは、私たち「建設業界」に限った話ではないのですが、単純な「労働力の減少」に限らず「これまでに現場の方々が培ってきた技術力や経験」の減少が不可欠、という状況は、今後の成長を考える上でも「耐え難い事態」といえます。

しかし、私たち「建設業界」『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』としても、この状況にただ手をこまねいているのではなく、さまざまな対策を行っているのですが、その中でのキーワードのひとつが、セクションタイトルにもなっている「省人化」でしょう。

 

当ブログの過去回においても、さまざまな「建設業界における技術革新」の現状をご紹介してまいりましたが、その多くに共通する「改善ポイント」としては、

・現在従事している人員の「作業力」を向上させ、負担を軽減するもの

・現場全体において共有すべき「情報・知識」を、より簡単に、効率的に共有するためのもの

という2点が代表的になっています。

すなわち、この事実が意味する所としては、今後の「建設業界」における「技術革新」「これらの『改善ポイント』を問題点として認識し、その状況を打開するべく尽力している」と考えられます。

もちろん、私たちHands(ハンズ)としても、このような状況にあぐらをかいているのではなく「現在の建設業界が抱えている問題点をしっかりと認識し、これらの対策としての業務改善を継続して行っていく」必要があるでしょう。

  

まとめ:未来の「建設業界」がより良いものとなるために『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の分野で貢献する「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

今回は、私たちHands(ハンズ)も大いにその動向が気になっている「建設業界」の行く末を探ることで、私たちの業務である『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』「今後のあり方」を考えるという内容をお送りしました。

「建設業界」の未来をもリードする株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事