1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 「高層ビル建築」における 『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の役割とは?

BLOG

ブログ

建築事業部

「高層ビル建築」における 『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の役割とは?

さて、今回の記事では、私たちHands(ハンズ)が多く関係する現場のひとつである『高層ビル建築』における『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』「立ち位置」をテーマに「『高層ビル建築』における『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の役割とは?」と題して、いろいろと解説していきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

まずは「高層ビル建築」の「建築現場」がどんなものなのか見てみよう!

 

 

さて、ここから今回のお話を進める上で、まず最初に知っておくべき知識が「高層ビル建築現場に関する」部分でしょう。

そもそも、この「高層ビル」という「建築物」については、さまざまな法律や、建物の安全を守る「消防法」などでも「明確に定義づけされている建築物」です。(ただし「建築基準法」の中では「基準」はあるものの、明確に定義づけはされていない)

 

当然、その大きさ・重さはとてつもないものとなるため、設計段階から含めると、その建築工程は多岐にわたり、長い期間や多くの人員、多額の建設費用がかかりますが、その中でもより重要な工程となるのが「建物の基礎部分」でしょう。

常に何万トンもの重量を支えるだけでなく、建物の耐震性や安全性を左右する程の重要な工程の後、建物の骨組みとなる「躯体(くたい)」を造る工程に入るのですが、この段階から「下の階層ができていくにしたがって『内装工事』の工程」に随時入っていきます。

このように下の階層が完成していくのと同時に、上の階層へ『荷揚げ・資材搬入』を行い、徐々に階層を積み上げていくのが基本的な「高層ビル建築」の流れ、となります。(ただし、現場によっては工法が異なるケースもありますのでご注意ください)

では、そろそろ次のセクションへ!

 

「高層ビル建築」の多くで活躍する『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』

 

 

続いては、私たちHands(ハンズ)が行っている『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業務が、どのように「高層ビル建築」の現場で活躍しているか?について掘り下げてみましょう。

以前の当ブログでは、この『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業務が「建築業」においてどのような「立ち位置」を担っているか?についてご紹介しておりますので、今回の記事に興味の湧いた方は、ぜひ過去回も参考にしてみてください。

→該当記事はこちらからご覧いただけます

 

前セクションでもご紹介したように「高層ビル建築」の現場においては、ほとんどの場合で「下の階層ができていくにしたがって、上の階層への『荷揚げ・資材搬入』を行う」という流れになっています。

しかも、同じ『内装工事』の工程に含まれる作業でも、その種類は実にさまざまであり、それら全ての『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』Hands(ハンズ)が進める(=一括揚重)ことも、決して珍しくはありません。

なおかつ、このような「多岐にわたる業務の全てに、常に適切なタイミングで『荷揚げ・資材搬入』を行っている」わけですから、必然的に「現場で行われる各作業・施工のタイミングを熟知する」こととなり「高層ビル」に限らず「建築現場のタイムキーパー」的な役割も、この『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』が担っている、と言えるかもしれません。

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:「高層ビル建築」と「高層マンション建築」の大きな違いとは?

 

さて、今回のオマケは、今回のテーマでもある「高層ビル建築」と似て非なる存在である「高層マンション建築」の違いについて解説していきましょう。

まず、このふたつですが、基本的にはどちらも「高層建築物」という括り(くくり)でまとめられているのですが、近年話題となっている「タワーマンション」の場合は、ほとんどが「超高層マンション(建築基準法第20条における「高さ58mを超える建築物」がその根拠となっている)」に分類されるため、より厳密に言うなら『6階建て以上・高さ31mを超える建造物』という分類になります。

 

続いて「工法」に関して言うなら、正直な所「高層ビル建築」「高層マンション建築」も大きく変わりがなく、主流となるのは「ラーメン構造」「ブレース構造」の2種類となります。(各構造についての詳細な説明は紙面の都合上、省略します)

このふたつの内、まず「ラーメン構造」に関して言えば「より空間を広めに取ることが可能」な構造となっているため、どちらかと言えば「高層ビル」に適した形かもしれません。

続く「ブレース構造」に関しては、基本的に「より耐震性に優れた構造」であるため「住まいとしてより高い安全性」を求められる「高層マンション」に向いた構造だと言えます。

ただし、これらはあくまで「適している・向いている」ということでしかないため、「高層マンション建築=ブレース構造」のように決めつけてしまわないほうが良いでしょうね。

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

「高層ビル建築」における『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の役割とは?

 

 

さて、今回ご紹介する最後のセクションは、当ブログでは初めてのケースですが「記事タイトルとセクションタイトルが同じ」という状況になっています。

では、ここまでの流れを踏まえた上で、改めて『高層ビル建築』における『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の役割」について考えてみましょう。

 

まず、この「役割」について、簡潔にまとめるならば「現在の『高層ビル建築』においては、この『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の業務によって、各作業の効率化・効果的なスケジューリングをはじめとするさまざまな要素を支えている」と言えるでしょう。

その理由としては「仮に『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の業務がなければ、全体の工事スケジュールにおける『秩序』が保ちづらくなる」ためです。

 

すでに皆さんもごぞんじの通り、多くの「大規模建築現場」では、私たちHands(ハンズ)をはじめとする『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』によって「建築資材や各種機材などが現場に搬入され、後の業務が進めやすい状況を、あらかじめ整える」のが現在の主流となっています。

しかし、このような状況は、逆に言えば『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の業務が滞ってしまうと、工事のスケジュールに大きな影響が出てくる、ということにもつながってしまいますし、各自の状況を無視していたずらに「各部署が勝手に作業を進めてしまう」と、現場は「大混乱」を迎えることとなり、最終的には「工期・納期にも大幅な遅れが生じる」ことでしょう。

もちろん、全てが必ずこうなる、というものではありませんが、これまでの「建設業界・建築現場」での「積み重ね」があって、現在の主流となる「工事の流れ」が成り立っている以上、このような困った事態になる可能性はできる限り避けるべき、だと言えるでしょうね。

 

まとめ:「高層ビル建築」の分野でも、欠かせない役割を担う「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

私たちHands(ハンズ)の業務において、実に大きなウエイトを占める「高層ビル建築」ですが、『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の立場から見ても、長年に渡って研鑽(けんさん)や努力を積み上げた結果が「現在の役割・立ち位置」につながっていると言えますね。

今後も「高層ビル建築」をはじめとするさまざまな分野で、現場をリードしていく株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事