1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』における「タワマン」以降のトレンドとは?

BLOG

ブログ

建築事業部

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』における「タワマン」以降のトレンドとは?

今回の記事では、私たちHands(ハンズ)にとって重要な現場となる「高層ビル・大型マンション建設」分野において、かつてトレンドとなった「タワーマンションブーム」以降の流れを「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』における『タワマン』以降のトレンドとは?」と題して、色々解説していきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

「タワーマンションブーム」の到来と衰退が意味するもの

 

 

さて、まず最初にご紹介するのは、記事タイトルにも登場する「タワマン」、いわゆる「タワーマンション」やその隆盛について、ごく簡単に解説してみましょう。

 

意外にも「タワーマンション」という言葉や、それに該当する不動産物件が登場しはじめたのは、なんと1970年代中頃からだったと言われているのですが、この建設が徐々に増えてきたのは「2000年前後頃」でありました。

そして、それ以降、皆さんもごぞんじの「タワーマンションブーム」が到来したことで、各地で「大型マンション建設」がこぞって進められる結果となりましたが、同時に「建設業界」にとっても「高層ビル・大型マンション建設」における「技術革新」が進行するなど、良い影響がもたらされることになったそうです。

一例として挙げるならば、私たちHands(ハンズ)が手掛けている「一括揚重」というスタイルが「建設業界」に定着したのも、この「タワマンブームの影響」ではないでしょうか?

 

しかし、この「タワマンブーム」は、2020年以降、急速にその輝きを失いつつあります。

その「原因」はひとつではありませんが、あえて挙げるとすれば「コロナ禍における経済活動の停滞」と言えるかもしれません。

しかし、仮に今後この「タワマンブーム」が衰退したとしても、私たちHands(ハンズ)が属する「建設業界」にとって「次なるトレンド」が確実にやって来る可能性は高い、と言えるでしょう。

では、そろそろ次のセクションへ!

 

「オフィスビル」から「新築住宅・マンション」への転換?

 

 

続いては、前セクションの終わりでご紹介した「建設業界における次のトレンド」に関する部分を、もう少しだけ掘り下げてみましょう。

こちらの「建設業界における次のトレンド」ですが、その「カギ」となる部分に関しては、当ブログの過去回でもご紹介しておりますので、未読の方や興味のある方はぜひご覧になってくださいね。

→該当記事はこちらからご覧いただけます

ただ、これだけでは「カギとなる部分なんて、サッパリ分からない」という方もいらっしゃるでしょうから、さらに解説を進めていくと、上記の過去回で取り上げている「働き方の変化」によって、社会の多くの人々が求める「建築物」も変化を遂げ始めている、ということなのです。

 

昨今では、前述の「コロナ禍における経済活動の停滞」の影響として、都心や都市部における「オフィスビルからの企業・テナントの撤退」が相次いでいますが、実はこの流れと「働き方の変化」によって、これらの「オフィスビル」「新築住宅・マンション」に相次いで転換するケースが増えてきている、と言われているそうなのです。

さらに現在では、皆さんにも広く浸透した「リモートワーク」によって「自宅で働く」という選択肢が得られるようになりましたが、そもそもこの流れ自体が「オフィスから自宅へ」というものであり、そのまま上記の「オフィスビルが新築住宅・マンションに転換していく」流れの裏づけにもなっている、と考えられるでしょう。

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:都市部の「住宅事情」の変化は『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』にどう影響する?

 

さて、今回のオマケは、前セクションでもチラッと触れた「現在の都市部の住宅事情の変化」が、どのようにして『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の分野に影響を与えているのか?について解説していきましょう。

まず、結論から言うと「私たちHands(ハンズ)の『荷揚げ』業務の需要は、もちろん『新築物件』だけではないため、住宅事情の変化とともに『新築以外の現場』における割合が多くなる」と考えられます。

ですので、仮に今後の「建設業界」において「新築物件」の割合が少なくなっていったとしても、それ以外の「現場」への比重が高くなるに過ぎず、影響も最小限に抑えられる、と言っても決して過言ではないでしょう。

 

ただ、だからといって今後の状況が「いつまでも安泰」というわけではありません。

私たち「建設業界」に限らず「不動産業界」や、さまざまな分野の業界においても懸念されている「空き家の増加」をはじめ、今後の情勢次第では「全国規模でいつ何時どんな事が起こるのか?」誰にも正確な予想はできないはずです。

ですので、常に「先行きがどうなるのか?」を注視しつつ、とっさの時に「どのような判断・対応ができるのか?」が、おそらく「企業としても個人としても」重要な時代になってきている、と考えるべきでしょう。

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

「マンション建設」における「次のトレンド」とは?

 

 

さて、今回ご紹介する最後のセクションでは、ここまでの流れを踏まえた上で、今後の「マンション建設」における「次のトレンド」について、一緒に考えてみましょう。

 

実は、私たち「建設業界」と深い関わりを持つ「不動産業界」、とりわけ「不動産購入」の分野では、ここ数年を通じて「郊外志向」という「タワマンの次のトレンド」というべき流れが登場しているそうです。

もちろん、その流れをそのまま「マンション建設」の分野に持ち込めば話が早い、と考えるのももっともなのですが、現時点では「あくまで参考にするだけで、鵜呑みにはしないようにする」べきではないでしょうか?

仮に、郊外の物件が人気だからといっても、全国津々浦々、至る所に「既存の住宅・マンション」が存在しているのですから、そのような不動産物件のオーナーや売り手、不動産会社などは「なんとかして売りたい」というように考えているはずです。

であれば、当然中には「より市場で競争力を持てるような物件に改築・新築し、販売したい」と考える方々も居るはずで、その流れで行けば、そのまま「市場で競争力を持てるように改築・新築する」というニーズが、私たち「建設業界」に対しても発生するのではないでしょうか?

 

ここまで来れば、私たちHands(ハンズ)をはじめとする「建設業界」が、セクションタイトルでもある『マンション建設』における『次のトレンド』とは?」を考える上で、大いに参考になるのではないでしょうか?

そして、そのような「今後に対する明確なビジョン」を持つ企業が「建設業界」や、Hands(ハンズ)のような『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入業界』においても増えていけば、「建設業界」の今後の発展だけでなく「安定化」にもつながるのではないでしょうか?

 

まとめ:『荷揚げ』を通じて「建設業界」の明日を支える「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

一見、私たちHands(ハンズ)の業務においては関係のない話にも感じられる今回の記事ですが、私たち「建設業界」『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入業界』の明日を考える上では、非常に重要な位置にある話ではないでしょうか?

そんな「建設業界」の明日を支える株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事