1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』と「猛暑・酷暑」の関係性とは?

BLOG

ブログ

建築事業部

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』と「猛暑・酷暑」の関係性とは?

「もういい加減にして欲しい!」という声も多く聞かれるように、まだまだ例の「感染症」の話題がチラホラと出ている様ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、私たちHands(ハンズ)も、ここ数年大きな影響を受けている「猛暑・酷暑」『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入業界』との関連性を「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』と『猛暑・酷暑』の関係性とは?」と題して、色々解説していきたいと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

ここ数年で一層激しくなった「猛暑・酷暑」がなぜ起こるのか?

 

 

さて、まず最初にご紹介するのは、この「猛暑・酷暑がどうして起こるのか?」について、ごく簡単に解説してみましょう。

 

結論から先に言うと「昨今の『地球温暖化』と『ヒートアイランド現象』によって、これらの『猛暑化・酷暑化』が年々進んでいる」ためです。(この内「ヒートアイランド現象」に関しては、後のオマケセクションでより詳しく解説します)

ここに並んでいるキーワードに関しては、皆さんの中でも「よく知っている・良くわからない」と意見が分かれる所でしょうが、現在も私たちが体感しているこの状況が「いま現実にある危機的な状況」であることは、誰しもが理解できるはずです。

 

では、私たちは、この「猛暑・酷暑」について、これからどのように対処すべきなのでしょうか?

その正解はひとつではありませんが、まずは「現時点での猛暑・酷暑に対応するための手段」と、もうひとつが「今後の『地球温暖化』を抑えるための対応策」というように「現在と未来に対応する2種類の策」が必要になってくる、と考えられますね。

では、そろそろ次のセクションへ!

 

「猛暑・酷暑」時の『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』にはどう対処すべき?

 

 

続いては、前セクションでも登場した「現時点での猛暑・酷暑に対応するための手段」の一環として、私たちHands(ハンズ)『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の現場における「対応策」について、皆さんと一緒に考えてみましょう。

ただ、これらの具体的な「対応策」に関しては、当ブログの過去回でもいくつかご紹介しておりますので、興味のある方は他の記事も参考にしてみてくださいね。

→該当記事はこちらからご覧いただけます

 

さて、もちろん当記事でも、これら「猛暑・酷暑における対応策」をご紹介していきたいのですが、おそらく最も重要となるのは「この状況下で、どれだけ業務を快適に進められるか?」という点ではないでしょうか?

その部分を突き詰めていくと、おそらく以下のような「対策」に尽きるかと思いますので、おなじみの「箇条書き」で提示してみましょう。

・効率的な水分補給

・「不快」な状況を出来る限り排除し、業務に「集中できる」状況の構築

・木陰や日陰などにおいて「十分な休息」を採り「体に熱を貯めない」

現在、Hands(ハンズ)での業務の流れをある程度つかんでいる方であれば、おそらくはこれらの「対策」について「先輩からアドバイスされている」「自身でも十二分に考慮して日々対応している」のではないでしょうか?

 

しかし、未経験の方にとっては、これからの「研修」の場や、先輩方の業務を見学する中で、いろいろな「猛暑・酷暑対策」「見て盗む」ことも大切な部分となるでしょう。

そして、ベテランスタッフや先輩スタッフの一挙手一投足に注目し「なぜそうするのか?を自分自身で考えてみること」が非常に重要となりますので、業務の間気を抜かずに、しっかり注意して臨みたいものですね。

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:「ヒートアイランド現象」によって「猛暑・酷暑」となっている?

 

さて、今回のオマケは、当記事の「テーマ」となっている「猛暑・酷暑」の原因として挙げられている内のひとつ「ヒートアイランド現象」について解説していきましょう。

私たちHands(ハンズ)の業務において重要な、池袋や渋谷、新宿など「都内・都心」には、多くの「建築現場」が存在していますが、これら地域の多くは「アスファルトやコンクリート」によって「人工的にかぶせものをされている状態」と考えることができますよね?

逆に、自然環境の豊かな土地や地域では、地表面の多くが「木や草、土や水面」で占められており、日中に溜まった「熱」は、地表面に多く含まれている「水分」が蒸発することで「気化熱」として抑えられ、夜間の気温低下のために一役買っています。

 

ここで、再び話を「都心などの地域」に戻すと、「アスファルトやコンクリート」によって「人工的にかぶせものをされている状態」の地域では、前述したような「気化熱」の働きが抑えられ、夜間にもあまり気温が低下しないまま、次の朝を迎えることになります。

この流れが、日々続いていったとしたら、どうなるでしょうか?

当然のように、該当する地域では「一日の中で気温の変化があまり起きず、気温が上昇する一因となる」はずです。

 

さらに、この「都心」の地域では、日々多くの電力が消費されるに伴って「空気中への熱放出」がより活発となりますが、前述の通り「夜間の気温低下」が抑えられている状況では、店舗や住居などで「エアコン」の使用が増え、結果的に「室外機などからの排熱の量」も増えていってしまいます。

このような「都心など発展している地域」では、さまざまな理由から「他の地域よりも気温が上昇する・しやすくなる」ようになります。

これを「ヒートアイランド現象」と呼んでいるのです。

 

もちろん、この「ヒートアイランド現象」以外にも、ここ数年の「猛暑・酷暑の根拠」となる説や要因があるのですが、それらの解説は、またの機会にしましょうか。

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

「猛暑・酷暑」以降の「建築現場・建設業界」の流れとは?

 

 

さて、今回ご紹介する最後のセクションでは、この「猛暑・酷暑」以降の「建築現場・建設業界」における「今後の流れ」をご説明する形で、こちらの記事の締めに代えさせていただきましょうか。

 

今回の「猛暑・酷暑」は、ここ数年の流れと同様に「9月にかけても残暑が厳しい」という予想がされていますが、この時期の「建築現場・建設業界」は、以前にもご紹介した通り「年末年始の工事・現場の増加」に合わせ、一層「忙しくなっていく」と考えられます。

もちろん、そのような流れは、私たちHands(ハンズ)をはじめとする『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業界にとっても非常にありがたい限り、ではあるのですが、ひとつだけ「懸念する点」があるとすれば「今後の業界が活性化するために不可欠となる『新型コロナの影響終息』には、まだもう少し時間が必要に見える」という点です。

とはいえ、こればかりは、私たちひとりひとりの力では「どうすることもできない」程の事態であるため、いたずらにヤキモキするよりは、「私たちが日々できることを突き詰めて続けていくしかない」と思われますね。

私たちが属する「建築現場・建設業界」は、ここからさらに忙しくなっていくことが「ほぼ確定」といえる、ある意味「美味しい状況」となっていますので、ここで一念発起して『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の世界に身を投じてみるのは、かなり良い選択だと言えるでしょう。

 

まとめ:「猛暑・酷暑」にも負けず、日々を駆け抜けていく「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

私たちHands(ハンズ)『夏の業務』において、放置できない程の問題点のひとつである「猛暑・酷暑」ですが、その仕組みや「どうしてそうなるのか?」に関する知識をあらかじめ身に着けておけば、『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の現場であっても、報われる機会は今後もきっと多いでしょう。

そんな「猛暑・酷暑」にも負けないガッツを発揮している株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事