1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 変わっていく『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業界の働き方!

BLOG

ブログ

建築事業部

変わっていく『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業界の働き方!

まさに「酷暑」ともいえる、ここ数年でもかなり強烈な暑さが続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今回は、全体的に「働き方」が変化している昨今を意識し「変わっていく『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業界の働き方!」と題して、今後の『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業界はもちろん「建築現場・建設業界」でベースとなる「働き方」や、「その変化の様子」について解説していこうと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

「一般的な業界」での「働き方の変化」とは?

 

 

では、最初に「一般的な業界」における「働き方」が、近年どの様に変化したのか?についてご紹介していきましょう。

 

すでに皆さんもごぞんじのように、このような「働き方の変化」に大きな影響を与えたのは、紛れもなく「新型コロナウイルス感染症」の存在でしょう。

数年間の長きに渡り、私たち国民の生活に大きな打撃を与えてきた、この「コロナ」によって、さまざまな分野・業界が「変化」を余儀なくされてきたわけですが、同様に「ビジネスの現場や労働形態」なども「変化せざるを得ない」状況にありました。

 

これらの「変化」を、ざっくりと、箇条書きで表現するならば、

・多くの人々が「同刻に一堂に会する」ような「職場環境の見直し」

・同様に「会議や打ち合わせ」などを実施する際の「会場の改善」

・自宅生活時間の増加に合わせた「労働時間に関する見直し」 など

この辺りが代表的な所でしょう。

もちろん、それぞれの分野・業態・業種によって、異なる部分や重要視する部分の違いもあるでしょうが、ある意味「一般的な企業・業界における最大公約数」として見るのであれば、妥当な線だと思われます。

 

さらに、これらの「変化」は、多くの方々が「コロナ禍終息後も続いていく」という風に考えていたり、捉えていたりしており、今後の「働き方の変化」は、この辺りを「土台・ベース」として進められると考えられます。

では、そろそろ次のセクションへ!

 

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』における「働き方の変化」とは?

 

 

 

では、これらの「働き方の変化」は、私たちHands(ハンズ)が属する『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の分野や「建築現場・建設業界」において、どのような影響を及ぼすのでしょうか?

 

こちらもざっくりと、箇条書きしてみましょう。

・屋内の現場において「多くの人員が同時に作業する状況の見直し」が必須

・あらゆる現場において「より効率的な作業」が求められる

・優秀な人員・施工会社に「より多くの仕事・現場」が集中する など

このような所が、代表的な部分でしょうか。

ただ、ここまで読み進めて来た皆さんにとっては、おそらく「一般的な業界の働き方と真逆になっているのでは?」という印象があるかもしれません

 

しかし、この「変化」は、必ずしも「デメリット」となるわけではなく「高い技術力や、多くの取引先から信頼を集めている人員・施工会社」にとっては「より多くの仕事に恵まれ、給料も安定化していく」方向に向かう可能性が高くなっています。

→こちらの記事もあわせてご覧ください。

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:「働き方が変化する時期」には、その他に何が起きるの?

 

さて、今回のオマケは、これまでご紹介してきた「働き方の変化」の際に、「その他に、何が社会的に起きるのか?」について一緒に考えてみましょう。

 

実は、この疑問に関しての「逆説的な答え」は、すでに今回の内容で「取り上げている」のですが、気づいた方はいらっしゃいますでしょうか?

少なくとも「ヒントになる『言葉』は、すでに登場しています」ので、ここで前2つのセクションを読み直してみるのも良いかもしれません。

 

ただ「そんな面倒なことはしたくない」という方もいらっしゃるでしょうから、先に答えをご紹介しておくと「今回のコロナ禍のような『社会的に大きな影響を与える事件・事象』が起きる」というのが、完全なる正解となるでしょう。

そして、もう少し補足しておくと「社会的に大きな影響を与える事象によって、人々の『働き方』は『変化せざるを得ない状況』に追い込まれ、その後に実際の『変化』の波がやってくる」という流れが不可欠になります。

 

でも、よく考えてみれば、この流れは、どう見ても「至極まっとう、かつ当たり前の話」ではないでしょうか?

世の中では、多くの人々が「皆と協力し合い」「よりよい暮らし」「幸せ・幸福」を実現させるために「働いている」わけですが、そんな皆さんにとって「より効率的な働き方」とは「時代の流れに沿ったもの」である、と考えることもできます。

そんな中「社会全体に大きな影響を与えるような事象」が起き、その影響で「私たちの社会が大きく変わる」のであれば、まず間違いなく「より効率的な働き方」「社会的な変化に沿って変化していく」でしょう。

 

もちろん、これらはあくまでも「社会的な変化の一環」ですから、1日や2日で急激に変わるものではなく、数年間〜十数年にも及ぶ「長いスパンの変化」になるはずですし、だからこそ「今後のスタンダードとなる」と考えられるわけですね。

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

働き方が変わり、注目を集める『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業界

 

 

さて、今回最後のセクションでは、私たちHands(ハンズ)が属する『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の分野が、現状や今後において、どのように注目を集めるのか?について、一緒に考えてみましょう。

 

当ブログの過去回においても取り上げた通り「建築現場・建設業界」においては、Hands(ハンズ)が手掛ける『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業界は、まだまだ「新しい部類」に入る業態です。

しかし、この業態の働きによって、特に大規模な「建築現場」では「非常に効率的な作業進行」が可能となるため、前述したように「より効率的な作業が求められる現状・未来」において「大きなアドバンテージを持つ業態」だとも考えられるのです。

 

そして、私たちHands(ハンズ)をはじめとする『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業界は、今回の「コロナ禍」を生き抜いたことで「建築現場におけるイレギュラーな状況や、その状況に対応するためのノウハウ」をもこの手にしました。(もちろん、この部分は他の業種・業態だけでなく、一般的な分野においても同様です)

この強みを、今後存分に活かせるように出来るだけでなく、実践の仕方によっては「業界内で長くベース・スタンダードとされる働き方」「定着・浸透させる役割・強み」にもつながっていくはずです。

ひょっとすると、このような時期は「これからの『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』シーンをリードする企業」への「スタートライン」なのでは?とも考えてしまいます。

そんな「面白い時期」を、あなたもHands(ハンズ)と一緒に走ってみませんか?

 

まとめ:『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の未来をリードする「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

私たちHands(ハンズ)の属する『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』業界と、今回取り上げた「一般の業界」では、「働き方の変化」ひとつ取ってみても、これだけの「違い」が生じていました。

そんな「働き方の変化」にも、敏感に反応していく株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事