1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 夏から始める『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』!

BLOG

ブログ

建築事業部

夏から始める『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』!

関東では、この時期には「異常」とも言えるレベルの急激な温度上昇など、珍しい気候となっていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今回は、私たちHands(ハンズ)が手掛ける『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』のお仕事を、これから始めようという方のために「夏から始める『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』!」と題して、このお仕事のメリットやノウハウをしっかりと解説していこうと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』を夏から始めるメリット3選!

 

 

まずは『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』を夏から始めるメリット3選!」と題しているように「3つ」に絞ってメリットをご紹介していきましょう!

 

■その1:業務における『体力的に厳しい環境』を早めに体感できる

これは、ちょっと「逆説的な理由」に聞こえるかもしれませんが、Hands(ハンズ)の業務は、常に「体力的に厳しい環境」が続くお仕事となっています。

ですが、経験者でも過酷な「夏場」を早めに経験することで、仕事における「季節的なピーク」が体感でき「これ以上厳しい状況はほぼあり得ない」という風に「今後の見通し」が立てられるようになるでしょう。

あの「夏場」を乗り越えてきたのだから、と、その後の自信にまでつながってしまえばシメたもの、ですよね?

 

■その2:ベテランスタッフの「力の抜きどころ」を見て学べる

こちらのメリットも、意味を履き違えてしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、前述した通り『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の夏場は経験者でも過酷な環境」であるため、動きにスキのないベテランスタッフであっても、どこかで「上手に体力を温存」しているものです。

そのような場面を見て、自分にも取り入れるようにすれば、その後のいろいろな場面で「あなたを助けてくれる知識・テクニック」が身に付いたり、発揮できるようになるはずです。

 

■その3:仕事後の「オフタイム」が一層楽しくなり、続けるモチベーションを保ちやすくなる

最後は、こちらも体感してみないことには「理解しにくいメリット」となっていますが、わかり易い例で言うと、当サイトの「ハンズ流働き方」ページにもあるように「仕事の後のビールが非常に美味しくなる」のです。

なおかつ、昼間はガッツリ体を使って働くので、ご飯も美味しければ、夜もぐっすり眠れるようになるため、みるみる内に「ストレスが抜けていく」ようになるはずです。

もちろん「夏場」ですので、アルコールでなくても「仕事後の飲み物」は最高に美味しくなり、カロリー消費も多いので「食後のアイスクリーム」などはまさに「至福のひととき」になるでしょう。(若干内容が「飯テロ」化していますね)

では、そろそろ次のセクションへ!

 

未経験者必見! 人生未体験レベルの『暑さ』に対抗するには?

 

 

さて、続いては、タイトルにもあるように「人生未体験レベルの『暑さ』に対抗するには?」についてご紹介しましょう。

その方法は実にシンプルなのですが「よく食べ、よく眠り、規則正しい生活を送りながら、『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』のお仕事に集中する」という、ごくごく当たり前のものです。

 

では、どうしてこのような「ごく当たり前の方法」をオススメするのでしょうか?

その理由は「人間は、十分な水分・エネルギー補給と共に、質の高い睡眠を取り、加えて『高い集中力』があれば、自分でも驚くほどの力を発揮できる生き物である」ためです。

しかし、多くの人は、お仕事の他にも「しなければいけないこと」「考慮すべき問題」「心配事」などが渦巻く環境にいるため、このような「シンプルな状況に身を置く」ことが難しかったりするものです。

ですが、上記のような「集中できる環境」を意図して作り出すようにすれば、自分が知っている以上の力を発揮できるようになり、さらには「自信」も身に付いていきます。(前セクションの「メリットその1」にも通ずる部分ですね)

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:イチにもニにも大切な『効率的な水分補給の極意』とは!

 

さて、今回のオマケは、夏の「暑さ対策」において、非常に重要な位置を占めるであろう「水分補給」に関するお話です。

『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入』の現場や、私たちにが働く「建築現場・建設業界」においても、「夏場の暑さ対策」といえば必ずと言っていいほど「水分補給」が挙げられます。

 

→こちらの記事もあわせてご覧ください。

それ以外の「対策方法」については、上記リンクからの「当ブログ過去回」を参照していただくとして、ここでは「水分補給」について、もっと細かく言うと「効率的な水分補給に最適な飲み物」について取り上げてみます。

まずは、それら全てを箇条書きにしてみましょう。

・水(水道水やミネラルウォーター、電解水素水など)

・RO水

(特殊なフィルターにより不純物やミネラルを極限まで取り除いた水)

・スポーツドリンク

・カフェインを含まないお茶(麦茶やルイボスティーなど)

 

続いては、逆に「水分補給に向いていない飲料」について。

・アルコール類

・糖分が含まれた飲み物、ジュースなど

・カフェインが含まれた飲み物

・経口補水液(脱水症状下、またはそれに近い状態の場合は水分補給に適しているが、普段から「脱水症状の予防」として飲むのは良くないと言われている)

 

これらの各飲料に関する細かい説明などは、紙面の関係上、省きますが「なぜいけないのか?」だけを明記していくと、

・利尿作用が高く、逆に水分を失いやすくなる

・糖は体内へ吸収されやすいが、逆に血糖値が上昇し、喉が渇きやすくなる

・アルコールと同様に利尿作用が高い

・脱水症状下、またはそれに近い状態の場合は水分補給に適しているが、普段から「脱水症状の予防」として飲むのは良くないと言われている(諸説あり)

となっていますね。

このような部分に注意しつつ、皆さんも効率の良い水分補給を、こまめに行うようにしましょう!

では、今回最後のセクションへと参りましょう!

 

ハンズスタッフも実践する『夏場オフタイムの過ごし方』3選!

 

 

さて、今回最後のセクションでは、私たちHands(ハンズ)のスタッフも実践している「夏場のオフタイムの過ごし方」について、具体例をご紹介してみましょう。

 

【その1:涼しい環境(自宅など)でのんびり過ごす】

さて、最初にご紹介するのは、シンプルかつ最強と思われる「涼しい部屋でのんびりと過ごす」ですが、実は、人体が持つ「自律神経」の働きにとってはマイナスになるケースもあるため、デメリットも多いようです。

このような状況を避けるためには「あまり冷やし過ぎない」のがベストだと言われており、電気代などの面も考慮すると、エアコンの温度設定は「28度」が一番良いと考えられているそうです。

 

【その2:「サウナ」などで「整える」ことで、効率的に疲れを取る】

近年では「サウナと水風呂を交互に繰り返して『爽快感』が得られる状態」のことを「整う・整える」という言葉で表現するそうですが、夏場に「整える」場合には若干注意が必要なのだそうです。

では、どうすれば良いのか?というと、通常の場合は「初手サウナ→水風呂→サウナ…」という流れを「初手水風呂→サウナ→水風呂…」というように変更した「逆サウナ」が夏場には最適なのだとか。

この流れでないと、思ったよりも疲れが取れない場合もあるので、これからサウナに行ってみようと思っている方は、ぜひお試しあれ!

 

【その3:アクティブに「スポーツやレジャー」を楽しんでストレス解消!】

そして、3選のトリを務めるは、Hands(ハンズ)イチオシの「アクティブに『スポーツやレジャー』を楽しむ」という方法。

ただ、こちらに関してもデメリットはあり、当然ですが「仕事に支障が出たり、ケガをしてしまうような強い運動は避ける」べきでしょう。

とはいえ、比較的強度の低い、文字通り「楽しめるレベルの運動」であれば、ストレス解消や身体の疲労感軽減にも一定の効果があると、科学的にも立証されているため、強度と安全性に気を付けつつ、頑張ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ:どうせなら「最もアツい季節」から「株式会社Hands(ハンズ)」のお仕事をはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

近年では、気候の変動により、より厳しい環境となっている「日本の夏」ですが、せっかく『新しい環境』に飛び込むなら、一念発起して「最もアツい季節」から始めるのもまた一興!

もちろん株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事