1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 新常識も?「建築現場・建築業界」のその先が見えてきた!?

BLOG

ブログ

建築事業部

新常識も?「建築現場・建築業界」のその先が見えてきた!?

「季節の変わり目」という言葉だけでは、正直理解しにくい、かなりあいまいな天気・陽気が続く毎日ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今回は、私たちHands(ハンズ)だけでなく、多くの方々がその行末に注目している「建設業界」への門を叩こう!と考えている皆さんのために「新常識も?『建築現場・建築業界』のその先が見えてきた!?」と題して、リアルな「今後の建築現場・建設業界」を、未経験者にも分かりやすく解説していこうと思います。

では、今回もさっそく最初のセクションから!

 

まさに「日進月歩」?「建築現場・建設業界」の最先端とは?

 

 

さて、ここで取り上げている「建築現場・建設業界」だけに留まらず、年々新しい技術の発展に伴い、さまざまな分野で「革新的な進歩」が出てきています。

そんな新しい技術の中で、今回は「建設用3Dプリンターによる建築費用の低価格化」について取り上げてみましょうか。

 

実は、この話に登場する「建設用3Dプリンター」という代物は、すでに我が国日本でも最大手の建設会社である「大林組」「大成建設」が、実際に大型建築物を建設したり、実際の現場にも導入可能な「建設用3Dプリンター」を開発したりと、大きな成果を見せています。

この「建設用3Dプリンター」を利用した建築方法は、国内に先駆けてアメリカやヨーロッパなどで考案、実用化に向けて開発が先行しており、そのデータによると「50〜75平米ほどの平屋建て」が、わずか「24時間」程度の間に建設可能であり、その費用は「約45〜50万円」と低価格を実現できる期待が持たれています。

 

ただ、海外に比べ、建築物に対し「建築基準法」による厳しい基準を設けている日本では、このような「建設用3Dプリンター」を用いた建築方法が実際の現場へ導入しづらい点があるため、実用化・一般化までにはまだまだ時間がかかりそうですね。

しかし、現状の「建設業界」を支えている人材が、今後10年ほどの間に「2/3」まで減ってしまうほど、世代による「人数格差・人材格差」が懸念されています。

そして、そんな現状を打開するために、大手建設会社をはじめ、国の方でもさまざまな対策を講じなければならない今の建設業界にとって、実質的な「人材不足」をカバーできるだけでなく、これまでの業界にはあまり関係がなかった「建設用3Dプリンターオペレーター」「ハードウエア・ソフトウエア技術者」などの新しい人材・業種が、新たに業界に参入してくることになり、より活性化することは明白です。

 

さらに、私たちHands(ハンズ)の手掛ける『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入・業務』においても「建設用3Dプリンターやそれらで使用する資材を現場に搬入・搬出する」というような、これまではなかった「新しい需要」にもつながるでしょう。

ひょっとしたら、これから始まる「技術的革新」により、これらのような「新しい建築スタイル」「一般の建築現場」に浸透していく様子を、間近で見られるだけでなく、その進歩に貢献できる世代、として、今この記事を見ている皆さんが活躍する未来が存在するのかもしれませんよ?

では、そろそろ次のセクションへ!

 

「合併と再編」で「未来の建設業界」が明るくなる?

 

 

続くこちらのセクションでは、この所取り上げることが多くなった「建設業界の合併と再編」をキーワードに進めていきたいと思います。

この「建設業界の合併と再編」とは一体どういうことかと言うと「建設業界全体において、人材不足により既存の業務だけでは生き残れない企業・会社が『合併と再編』によって新たに生まれ変わり、その後の業界をリードする」という現象のことです。

もちろん、現時点では「未来予測の範疇(はんちゅう)」に過ぎない考えではありますが、今このような声は非常に多く聞かれるようになっており「的中の可能性はかなり高い」といっても決して過言ではないはずです。

 

一見「建設業界にとって、非常に厳しい未来」のように見えますが、見方を変えると「今後の時代にマッチした企業・会社が生き残る」とも言える状況ですので、これからの時代・業界を支えていく「若い世代」にとっては「大きなビジネスチャンスである」とも言えるでしょう。

時代の流れに乗って、これからの「建設業界」の中で、その存在を一層輝かせる「才能」は、ひょっとしたら「あなた自身」かもしれませんよ?

さて、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:なぜ今「不動産価格が高騰している」のか?

 

さて、今回のオマケは、いろいろと厳しい状況が伝えられている現状の中で、意外にも「不動産価格が高騰している理由」について、私たちが属する「建設業界」から見た「理由」を簡単にご紹介してみましょう。

もちろん、全ての不動産価格が高騰しているわけではありませんが、ある「一定の条件」がそろった場合のみ、このような現象が起きているようです。

その「一定の条件」とは、一体どんなものかというと、まずはいつもの通り「箇条書き」にしてみましょう。

・影響は全国的ではなく「首都圏、または関西圏の一部地域」に限られる

・実用、ないし投資目的であっても「顧客ニーズを満たし欠点がない」物件

・純粋に購入者から見て「購入価値が非常に高い」と思われる物件

 

パッと見は「ごくごく当たり前の『良い条件がそろった物件』じゃないか!」と思った方も多いでしょうが、実はまさにその通りで、現状の高騰は「非常に良質な物件を、まだまだ優遇されている住宅ローン金利を利用して、資金力に長けた富裕層が中心に購入している」ためだと考えられます。

ただ、長期的な目で見ると、この先は空前の「不動産余り時代」がやってくる、とも言われており、この価格高騰もいつまで続くかは、専門家の間でも意見が分かれる所ですので、興味が湧いた方はいろいろ調べたり、ニュースや価格動向をチェックしたりすることをオススメします。

 

「建築現場・建設業界」の新しい時代は「これからの世代」が変えていく?

 

 

さて、最後のセクションでは、今後の『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入業務』を占う上でも重要な「これからの世代」についてと、その理由を解説していきましょう。

まず、理由については前述しましたが「今後の建設業界では、世代交代だけでなく、業務に従事する世代が一気に切り替わる」と考えられるためです。

 

これから日本は未知の「超高齢化社会」を迎え、これまでの「建設業界」で主力を担った世代のほとんどが「今後10年ほどで引退・定年を迎える」と言われています。

これまでの推移のように「徐々に業界全体が変わっていく」のではなく、この「世代交代は一気に変わる」わけですから、将来的に主力となるのは、間違いなく「今現在、建設業界に飛び込んできた世代」になると考えられますね。

 

そして、これまでも私たちHands(ハンズ)「将来的に建設業界で活躍したいと考えている方」にとって「『軽作業・揚重・荷揚げ・資材搬入業務』こそ建設業界の第一歩として最適な業務である」と言い続けてきました。

前述した通り、今後の「建築現場・建設業界」には「大きなビジネスチャンス」が出現する可能性が十分にあり得ます。

あなたの「人生を変えるかもしれない仕事」の第一歩として、まずはHands(ハンズ)からはじめてみませんか?

→こちらの記事もあわせてご覧ください。

 

まとめ:今後の「建設業界を支える人材」を目指すなら「株式会社Hands(ハンズ)」からはじめてみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

まさに「建築現場・建設業界への登竜門」ともいえる、株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事