1. HOME
  2. ブログ
  3. 建築事業部
  4. 要注意?もうすぐやってくる「花粉症」の季節

BLOG

ブログ

建築事業部

要注意?もうすぐやってくる「花粉症」の季節

数多くのドラマと「疑惑」を生んだ「北京冬季オリンピック」や大国「ロシア」による「ウクライナ侵攻」(記事執筆当時)など、まさに「激動」という言葉がふさわしかった2月も終わりですが、皆さんいかがお過ごしですか?

今回は、早い人ならそろそろ「対策済み」の、今や国民的季節病となっている「花粉症」のシーズンを、私たちHands(ハンズ)のスタッフ「建築現場」の方々がどのようにして乗り越えているか?について解説してみましょう。

では、早速最初のセクションから!

 

例年に比べて「被害が少ない?」近年の花粉症事情について

 

 

おそらく「そういえば」というレベルで皆さんも実感があるかもしれませんが、近年ではあまり「花粉症」という言葉を聞かなかったような気がしていませんか?

確かに、ここ数年は、話題の中心に「新型コロナ感染症対策」が躍り出ることが多く、その対策のために「ほぼ毎日のように」マスク着用での暮らしが「標準」とされてきました。

実際の所、この「常時マスク着用」「花粉症」に対して、絶大とはいえないまでもかなりの効果があるようですが、そもそも「花粉症予防」に有効な手段の多くは、そのまま「感染症対策」にも有効な手段としても成り立つようです。

というのも、「コロナ対策」にしろ「花粉症対策」にしろ「身体の中に入ってきてしまう何か(ウイルスや花粉)」によって引き起こされる事態であり、マスクによってそのような事態はいくらか緩和されるため、このような図式が成り立つのです。

しかし、注意が必要となるのは「花粉症によって、目や鼻、口などをケアするために、これらに触れる機会が非常に多くなる」という部分であり、このような状況を防ぐためには「鼻をかむ・くしゃみを抑える前には徹底して『手指のアルコール消毒を行う』ように心がける」べきでしょうね。

実際の所、この『手指のアルコール消毒』によっても「花粉症のリスク」をいくらか下げることができるので、もし皆さんがすでに「花粉症」を発症しているようであれば「両方の症状を確実に防ぐ」ためにも、入念な『手指のアルコール消毒』を行うように努めてくださいね?

 

では、そろそろ次のセクションへ!

 

建築現場の『揚重・荷揚げ・資材搬入』業務においても「花粉症」は厄介な相手

 

 

セクションタイトルにもある通り、今回取り上げている「花粉症」は、毎年のシーズンにおいて、私たちの手掛ける『揚重・荷揚げ・資材搬入』に対しても大きな影響を及ぼしています。

 

「花粉症」の主な症状といえば、

・頻繁な「くしゃみ」

・鼻水が大量に出る(ひどい場合はまるで「水」のような、サラサラとした

鼻水がそのまま鼻から流れ出る)

・鼻づまり

・目の異様なかゆみ

・「目やに」が普段よりも多く出る(特に起床時)

といった所ですが、これらの症状が業務の最中もひっきりなしに出てくるわけですので、影響が出ないはずがないでしょう。(人によっては、これらの他にも「頭痛や微量の発熱、ノドの痛みや咳(せき)」などに悩まされていることもあるようです)

ですので、最も有効な対策としては「本格的なシーズンを迎える前に耳鼻科などを受診し、必要であれば『症状を抑える薬や注射』などの処置を行う」ことに尽きるでしょう。

 

加えて、もちろんその対策は、個人個人のレベルであらかじめ「事前に行っておくべきもの・こと」です。

なぜかと言うと、確かに「花粉症」は、症状が出ている人にとっては非常に厄介なものであり、症状がない人にとってもその厄介さ・大変さは十分に認知されていますが、だからといって「花粉症」「仕事をサボるための免罪符」には決してならないから、です。

建築現場だけでなく、仕事の現場においてはどんな業種でも「助け合う・協力し合う」ことが不可欠ですが、いくら厄介な症状とは言え、あまりにも頻繁(ひんぱん)に仕事の手が止まってしまうようでは、その状況をサポートしてくれる仲間もうんざりしてしまうでしょう。

ですので、まずは自身で出来る限りの「花粉症を抑えるための対策」をしておき、現場に出る時は常に徹底しましょう。

まず、本人が「出来る限りの対策をしている状況」であれば、無症状の方も快く理解してくれるはずですよ?(その方が、周囲へ「花粉症に対しての理解」も広がりやすくなります)

 

もちろん、私たちHands(ハンズ)の中にも、毎年「花粉症」に悩まされているスタッフがいますが、ほぼ全てが「シーズン前に受診」した上で「薬を服用するなど日常的に対策を徹底」していますよ。

 

さて、「職場での花粉症対策」において、非常に重要なポイントを理解していただいた所で、続いては恒例の「オマケ」セクションです。

 

オマケ:「花粉症」と間違いやすい?「ハウスダストアレルギー」とは?

 

 

さて、今回のオマケは、タイトルにもある通り「花粉症」と間違われることも多い「ハウスダストアレルギー」についてのお話です。

 

基本的には「花粉症」「体に触れた、または体内に入ってきた花粉が原因となって引き起こされた『アレルギー反応』」であることには変わりありません。

(すなわち、どちらも「アレルギー性鼻炎」「アレルギー性結膜炎」となる)

 

しかし、この「花粉症」「ハウスダストアレルギー」にも、

・季節性となる「花粉症」に対し「ハウスダスト」は常時存在しうる

・原因となる「花粉」は、本来は「人間にとって無害な『タンパク質』」

 (ハウスダストも一部が「タンパク質」ではあるが、全てがそうではない)

・「ハウスダストアレルギー」はほとんどが「室内」で発生する

 (花粉症は「花粉が室内に持ち込まれる」段階が必要)

というように大きく異なる点がいくつかあるので、注意が必要でしょう。

 

ただ、元々が『過剰なアレルギー反応』によって引き起こされている事態であるため、人によって「両方の症状が出る」場合も多くあるようです。(気になる方は病院などで、自身の「アレルゲン(アレルギーの原因物質)」を調べてみるのも良いでしょう)

 

さて、恒例のオマケに続いては、いよいよ今回最後のセクションへ!

 

不幸にも「今年から花粉症になってしまった」らどうすればいい?

 

 

では、最後のセクションでは建築現場の『揚重・荷揚げ・資材搬入』業務だけに限らず、「今年から花粉症になってしまった」方へいくつか「対策」をご紹介していきましょう。

 

結論から言うと「自らの体質が関係しているため、自然治癒することはないので、今後毎年シーズン前は積極的に症状を抑えるように対応する」しかありません。

一般的に「治ることがない」と言われてきた「花粉症」ですが、現在では「アレルゲン免疫療法」などの治療法により「体質改善によって根本的に治療する可能性がある」病気となっています。

しかし、その治療には「2〜3年以上という長い期間」が必要となり、さらに極まれではありますが「治療の際に副作用が起こる」こともあるため、根本的な治療は一朝一夕では出来ない、と考えていいでしょう。

であれば、仮に今年(今シーズン)から「花粉症」に悩まされるようになってしまった皆さんにおいては、出来る限り早く「毎シーズンどのような花粉症対策を行い、実践していくか?」を把握するべきですね。

 

もしも、Hands(ハンズ)での勤務中に「花粉症」が疑われるような症状が出てしまった場合は、勤務終了後なるべく早めに耳鼻科を受診し、ご自身が「花粉症かどうか?」を調べてもらうようにしましょう。

その結果、不幸にも「花粉症」であると診断された場合は、「症状を抑えるための対策を可能な限り実施」しつつ、今後のシーズンを過ごすようにしていきましょう。

 

→花粉症にもメゲない?ハンズの働き方に関してはこちらもあわせてご覧ください

 

まとめ:花粉症にも負けず、元気いっぱいの「株式会社Hands(ハンズ)」であなたも活躍してみませんか?

 

さて、今回の内容はいかがでしたか?

花粉症だからといって、そうカンタンにはめげないメンタルを誇る、株式会社Hands(ハンズ)への応募の仕方はカンタン、ラクラク!

当サイトの応募要項の内容を確認して、ページの一番下に面接のエントリーフォームのボタンから、必要事項を入力するだけ!

それでは、面接であなたとお会いするのを楽しみにしています!

 

 

「株式会社ハンズ公式Youtube動画」チャンネル登録もお願いします!

関連記事